Edited at

バグ追跡ツール Bugsee 試して見た

これは ゆめみ Advent Calendar 2018 の7日目の投稿です。


Bugsee

https://www.bugsee.com/

「Bugsee」は、アプリのバグやクラッシュのレポートツールです


特徴


  • アプリの動作情報(画面やログ)を収集


    • 端末のスペック、ビルド、OSバージョン等の情報

    • 画面を(タッチ動作を含む)動画で自動保存

    • ネットワークトラフィック、リクエストとレスポンスが見れる

    • 簡単セットアップ


      • iOS, AndroidはCodeで1行追加





  • 簡単な報告機能


    • スクリーンショットやシェイク(オプション)



  • 多彩なプラットフォーム


    • iOS, Android, Cordova, React, Unity, Xamarin, Chrome




導入方法(iOS Swift)

https://docs.bugsee.com/sdk/ios/installation/


  • インストールはCocoapods, Carthage対応済み

import Bugsee

func application(_ application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [UIApplicationLaunchOptionsKey: Any]?) -> Bool {
// ...other initialization code

Bugsee.launch(token:"### your token ###")

return true
}


報告方法


  • スクリーンショットを取るだけ


    • 動画やログは自動で収集、報告されます




管理画面


  • ダッシュボード

    dashborad.png


  • レポート詳細

    detail.png



連携統合


  • slack、Hipchat

  • JiraとかRedmine、Trello、Github、Gitlabなど


プライス

Pricing

price.png


  • LITE


    • 無料

    • 基本機能

    • 5デバイスまで

    • データ保持3日間

    • 30日間まで




感想


  • テスターからのバグ報告で動画が付いているから、再現方法や操作など聞く必要が少ない

  • 個人で使うには高い

  • Feedback機能として使うにはちょっと設定が必要

  • これだけでバグ管理するにはダッシュボードがよわい感じ