Help us understand the problem. What is going on with this article?

2018年 EC-CUBEの予定について

More than 1 year has passed since last update.

2017年のEC-CUBE AdventCalendarも今回で最終回ですね。

2017年のまとめは他の記事に任せて、ここでは、来年「2018年のEC-CUBE」について記載していきたいと思います。

2018年 EC-CUBE次期バージョン3.nリリース予定!

2018年の最も大きなイベントは、なんと言ってもEC-CUBEの次期バージョンであるEC-CUBE 3.n(バージョン番号は未確定)を、リリース予定ということです。

EC-CUBE 3.nは3.0からのメジャーバージョンアップ版として今年、開発を進めてきました。進捗状況は随時「開発進捗説明会」で共有させていただいてきたわけですが、そこで皆様からいただいたフィードバックも開発に反映させながら、ブラッシュアップをしてきました。

おかげさまで、大きな方針や機能も固まってきており、2018年のリリースが見えてきた状態です。

おさらいとして、EC-CUBE 3.nの特徴を再度おさえておきます。

1) エンジニアに優しい

• 3系のソースコードを元に大幅見直し
• カスタマイズ性大幅向上(学習コストが低く、出来ることは幅広く)
• プラグインの安定化(競合改善・仕様の統一)。そして更に作りやすく

次期バージョンでは、大幅にソースコードを見直し、カスタマイズ性の大幅向上、そして、プラグインの安定化・作りやすさの向上を実現させる予定です。
詳しくは現段階の進捗状況を是非確認してみてくださいね。(3.n.0リリース計画

2) 次のバージョンはデザイナーにも優しい

• HTML、CSSを整理整頓
スタイルガイドを提供
HTMLエディタを初搭載

今まで、EC-CUBEはコードの理解しづらさや、CMSとしての使い勝手からデザイナーさんに敬遠されがちだったと思います。でも、次のバージョンはデザイナーさんのご意見をしっかり反映していますので、相当デザインカスタマイズがしやすくなっていると思います。
是非、次のバージョンはデザイナーさんに使ってほしいです!

3) ショップ運営者にも優しい

• 本体・プラグインの安定性UP
• 運用負荷軽減
   管理画面を全面刷新(新管理画面のモックはこちら
   出荷専用機能追加(詳細はこちら
   デフォルト機能充実 等
• 海外対応(インバウンド・越境EC対応)

ショップ運営者の負荷軽減という部分は、これまでどちらかというと制作会社さんのカスタマイズに任せていた部分が大きかったと思います。ですが、今回の開発では、EC-CUBE開発としては初めてショップ運営者の方々にヒアリングをさせていただき、そのご意見をしっかり反映していっていますので、今までより格段使いやすいバージョンに仕上がってきています!

4) パートナーにも優しい(ビジネス拡大!!)

• (機会増)本体×オーナーズストアの連携強化
• (多様化)プラグイン・サービス販売モデルの充実
     サブスクリプションモデル販売等
• (広がり)海外対応

最後にパートナー様向けには、もちろんビジネス拡大を目指していただくべく、特にオーナーズストアのリニューアル、そしてEC-CUBE本体との連携を含めて対応していきます。将来的には、パートナー様の海外へのビジネスチャンスを如何に広げていただけるかも課題認識としてはあり、そういったことまで踏まえて次のバージョンではビジネス拡大の基盤になるよう開発を進めています。

以上からも分かる通り、EC-CUBE 3.nは、かなりチャレンジングで大きな変更を伴うバージョンとなっています。まだ現段階ではα版までしかリリースできていない状況ではありますが、かなり多くの方々からご期待のお声をいただいており、その期待を超えていけるよう進めていきたく思います。

EC-CUBE 3.nの今後の予定

今後、さらに開発を進め
β版 ⇒ RC版 ⇒ 正式版リリース という流れでリリースしていくことになります。

【β版】

機能確定版としてリリースします。
本バージョン以降は大きな仕様変更を実施しない予定であるため、正式版リリースに向けプラグイン作成を行っていただけます。
また、プラグイン作成者の方向けに開発合宿やハンズオン等を予定している他、決済会社様には決済プラグインサンプルを無料で配布するなど、積極的なプラグイン開発支援を行っていく予定です。

【RC版】

リリース直前版です。
実際の利用者の方々にも評価していただけるバージョンです。
プラグイン作成者様(デザインテンプレートも含む)はリリース準備をしていただく期間になります。

【正式リリース】

EC-CUBE 3.nではクオリティ、ドキュメント類、プラグインの数 全てをしっかりそろえた状態でリリースしたいと考えています。
皆様のご期待以上でリリースできるよう、プラグイン開発者様、パートナー様としっかり連携して進めていきたいと考えています。

リリース時期は?

残念ながら、Silexサポート終了など、最近新たな課題も出てきておりますので、リリース時期は未定(春以降)となりますが、クオリティをしっかり担保したうえで、最大限早くリリースできるよう進めてまいります。
また、スケジュールは決まり次第随時告知いたします。

既存バージョンの予定は?

最新バージョンのリリースに伴って、既存バージョンのサポートはどうなるのか?というご質問もたくさんいただきますので、そちらの予定も記載しておきますね。

1) EC-CUBE3系

・EC-CUBE 3.0(最新版3.0.15)は2年半にわたるメンテナンスにより、かなり安定して動作するバージョンになりました。
そこで、EC-CUBE3系が一定安定したということを宣言するため、バージョンを一つ上げて EC-CUBE 3.1 をリリースする予定です。(次期バージョンと言っているEC-CUBE 3.nとはもちろん別物です。)

2) EC-CUBE2系

・EC-CUBE2.13は、EC-CUBE2系の安定板としてEC-CUBE 3.nリリース後も引き続きサポートを継続いたします。

・EC-CUBE2系のPHP7対応版として進められている、EC-CUBE2.17は現在α版をリリース済です。今後も引き続き、EC-CUBE開発コミュニティメンバー主導で開発を進めていく予定です。(詳しくはこちら

EC-CUBE 3.nはかなりチャレンジングなバージョンになりますが、そういったことができるのも、これら既存バージョンが安定しているからこそです。これまで、メンテナンスに多くのコミッター様のご協力をいただいており、本当に感謝しかありません!

最後に

EC-CUBE 3.nリリースに向け2018年は引き続き、開発を進め、皆様の期待以上のバージョンとして世に送り出したいと思います。

今後も、セミナー等で随時進捗をお伝えいたしますので、是非お越しいただき、沢山のご意見をいただければと思います。もちろん、一緒にEC-CUBE 3.n を開発していただける方、プラグインを作成していただける方を随時募集しておりますので、是非一緒に良いバージョンになるよう開発していきましょう!

ec-cube
日本No.1ECオープンソースのEC-CUBEのコミッターやユーザーのコミュニティです。
http://www.ec-cube.net
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした