Help us understand the problem. What is going on with this article?

TwitterAPI 利用申請の手順

TwitterのAPIを利用するためには、事前の申請が必要です。
英語のサイト上で色々と入力が必要なので、手順をまとめました。

目的

TwitterAPIを利用してrubyからツイートするために、利用申請を行うこと。

手順1 Developerにアクセスする

以下サイトにアクセスして下さい。
ツイッターデベロッパー

手順2 ツイッターにサインインする

画面右上の「Sign in」ボタンからサインインして下さい。
Image from Gyazo

手順3 Applyページにアクセスする

サインインが完了したら、同じく画面右上の「Apply」ボタンをクリックして下さい。
Image from Gyazo

手順4 Apply for a developer account をクリックする

Image from Gyazo

手順5 デベロッパーツールの利用目的を選択する。

「Making a bot」にチェックを入れ、「Next」をクリックする。
Image from Gyazo

手順6 本人確認を行う

以下のような画面が表示されるので、アカウント名等に誤りが無いか確認してください。
Image from Gyazo

ページ下部では、メールアドレスを確認後、居住国と名前(ニックネームで可)を入力し、「Next」をクリックする。
Image from Gyazo

手順7 TwitterAPIの利用目的等を入力する

英語200文字以上でAPiの利用目的を入力してください。
Google翻訳に突っ込んだだけの文章ですが、よければコピペしてください。

I am studying programing.
I have never used the API, so I want to try making a bot.
In the future, I want to create a web application that can get information about tweets that users have searched for. 

Image from Gyazo

その他の項目についても以下のように入力していきます。
自動ツイート等の利用予定については、以下のような文章で問題ありません。
全ての項目の入力が完了しましたら、「Next」ボタンを押してください。

I do automatic tweeting as a practice for using Twitter api.
However, there are no plans to use it thereafter.

Image from Gyazo

Image from Gyazo

手順8 登録内容に誤りが無いか確認する。

Image from Gyazo

手順9 ポリシー等を読んで、問題なければチェックを入れて送信ボタンを押す

Image from Gyazo

10 完了確認

以下のような画面が表示されれば申請完了です。
Image from Gyazo

この後、実際にRubyでbotを作成するには、デベロッパー上でappを作成する必要があります。
その手順については、次の記事に記載してあります。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした