Help us understand the problem. What is going on with this article?

標準出力も標準エラー出力もログに記録しつつ、画面に標準エラー出力を出したい

More than 5 years have passed since last update.

やりたいこと

こんな感じで、シェルスクリプトをcronに定期的に実行したい。

SHELL=/bin/bash
MALITO=alert@example.com

0 0 * * * /path/to/command

そして、以下のようなポリシーでログを取りたい。

  • 標準出力も標準エラー出力も、全部ログに記録する。
  • 標準エラー出力があった場合は、メールを送信する。

/path/to/command >> /var/log/some ですと標準エラー出力がログに記録されませんし、 /path/to/command >> /var/log/some 2>&1 だと標準エラー出力に出力されずメールが送信されません。

解決策

SHELL=/bin/bash
MALITO=alert@example.com

0 0 * * * (/path/to/command 2>&1 >> /var/log/some) | tee -a /var/log/some

解説

まず前半の /path/to/comand 2>&1 >> /var/log/some です。

これは、 (...): サブシェルになっており、親のシェルとは別のプロセスで実行される。

そのサブシェル内では /path/to/command 2>&1 >> /var/log/someが実行されており、 /path/to/command の標準エラー出力の出力先を標準出力に、標準出力の出力先を /var/log/some にする。

結果として、サブシェルからは /path/to/command の標準エラー出力が標準出力として出てくる。

後半の | tee -a /var/log/some は、サブシェルからでてきた標準出力を /var/log/some に追記しつつ、そのまま標準出力に出す。

そして標準出力がある場合はcronによって、MAILTOの宛先にその内容のメールが送られる。

参考

mzp
Coqなどによるプログラムの正しさの検証・証明に興味があります。
http://mzp.hatenablog.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした