Groovy
gradle
Vert.x

vertx-gradle-templateとGroovyでHello, world!

More than 3 years have passed since last update.

Vert.xを利用したプロジェクト管理をgradleでやりたかったので、インストールから Hello, world! の表示までまとめ

vertx-gradle-template のクローン

vertx-gradle-template を GitHub からクローンする。
Gradle Wrapper が付属しているため gradle を別途にインストールする必要はない。

$ git clone https://github.com/vert-x/vertx-gradle-template.git hello-vertx

このままだとリモートリポジトリが vertx-gradle-template のままなので変更する必要があるが、ここでは省略する。変更方法はこちらを参照。

Verticle の作成

hello-vertx/src/main/groovy/com/example/HelloWorldVerticle.groovy を作成、編集する。

HelloWorldVerticle.groovy
package com.example

import org.vertx.groovy.platform.Verticle

class HelloWorldVerticle extends Verticle {
  def start() {
    vertx.createHttpServer().requestHandler { request ->
      request.response.putHeader("Content-Type", "text/plain")
      request.response.end("Hello World!")
    }.listen(8080)
  }
}

起動 verticle の設定

hello-vertx/src/main/resources/mod.json を編集する。
main に .groovy ファイルを指定することでスクリプトから起動することも可能。
今回はコンパイルした Groovy クラスを指定する。

mod.json
  // "main":"com.mycompany.myproject.PingVerticle",
  "main": "groovy:com.example.HelloWorldVerticle",

モジュールの作成と起動

モジュールを作成し、起動する。

$ gradlew copyMod
$ gradlew runMod

ブラウザで http://localhost:8080/ にアクセスすると Hello World! が表示される。