search
LoginSignup
0

posted at

updated at

小学生のみなさんへ、場合の数「2020年度京都大学理系学部数学第5問」にチャレンジしてみて下さい。

組合せ問題(ラテン方陣)です。

大学入試数学問題集成>【5】

読売新聞>第5問の方です。
https://www.yomiuri.co.jp/nyushi/sokuho/k_mondaitokaitou/kyoto/mondai/mondai/1317021_5050.html

上と同じです。解答がpdfの12ページ目にあります。

京大数学 過去問ライブラリー>2020年度 京都大・理系数学5

解けたら見て下さい。

youtubuのコメントにある「小林百合さんの方法」でいいと思いますが、偶然でしょうか?

参考

読売新聞>第5問の解答
https://www.yomiuri.co.jp/nyushi/sokuho/k_mondaitokaitou/kyoto/kaitou/kaitou/1317516_5051.html

リンク切れ(20221109)
東進ハイスクール>講評PDF
http://27.110.35.148/sokuho/data/2020/1c/m02/m1c202001s0.pdf

Latin square(wikipedia)のNumber n=4

ラテン方陣,ラテン方格 (wikipedia)

#勉強中参考文献

要望→解決済み

どなたか、全組み合わせのプログラムを作って証明してもらうと助かります。
例)16マスに、順に1から4を入力する。4の16乗通りをチェックする。1〜4行1〜4列全てに、1、2、3、4があればOK

スタック・オーバーフローで教えてもらいました。
(参考)

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0