Help us understand the problem. What is going on with this article?

ufo -> python (2)

More than 3 years have passed since last update.

名前空間

対象年月とエントリーを指定してデータは取れるようにしたけども、
各xbrlに含まれるデータの種類がわからない

そもそもどんだけデータの定義があってどうなってるのかさっぱりわからない
のでそこらへんを調べた。
※対象銘柄は証券コード:6866の日置電機株式会社(UfoCatcherのサンプルのデフォルト銘柄をそのまま)

EDINETのトップページや、金融庁の検索用ページからxbrlに関する資料がアップされている
が何が何やらさっぱりわからない。
http://disclosure.edinet-fsa.go.jp/
http://www.fsa.go.jp/search/

色々検索して、やっと報告書の項目がどのタクソノミで定義されているかわかる資料を見つけた
http://www.fsa.go.jp/search/20130118/03_b2.pdf

タクソノミで検索するとタクソノミの詳細が見つかる
http://www.fsa.go.jp/search/20120625/02_j2.csv

対象の報告書のタクソノミから欲しい項目を探す
例えば有価証券報告書の発行済み株式総数なら
→「TotalNumberOfIssuedSharesSummaryOfBusinessResults」

※2014年より前のxbrlデータの場合はIFRSタクソノミという業種別に定義されたタクソノミでxbrlが作られていたりするため、
テキストで書かれたデータから取り出す必要があったり無かったりで面倒臭い

各年度の有価証券報告書
2010年:http://resource.ufocatch.com/xbrl/edinet/ED2011022800218/S0007WF8/jpfr-asr-E01999-000-2010-12-31-01-2011-02-28.xbrl
2013年:http://resource.ufocatch.com/xbrl/edinet/ED2010030100130/S0005ASQ/jpfr-asr-E01999-000-2009-12-31-01-2010-03-01.xbrl
2014年:http://resource.ufocatch.com/xbrl/edinet/ED2015022700311/PublicDoc/jpcrp030000-asr-001_E01999-000_2014-12-31_01_2015-02-27.xbrl
2015年:http://resource.ufocatch.com/xbrl/edinet/ED2016022900227/PublicDoc/jpcrp030000-asr-001_E01999-000_2015-12-31_01_2016-02-29.xbrl

xbrlへのリンクを見ても2013年より前はIFRSタクソノミで作られてるように見え、2014年からは内閣府令タクソノミ
で作られているように見える。
IFRSタクソノミは抽出し辛いので大変有り難い。

追記

さて参った、やっぱりIFRSタクソノミも抽出したい。
中々面倒なので別にメモすることに

motimoti
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした