Help us understand the problem. What is going on with this article?

Segueの選択肢の意味合い

More than 1 year has passed since last update.

はじめに(メモ)

 Swift初めて1週間程度のペーペーです。今回、navigationControllerからViewControllerへSegueで接続しようとした際にSegueの選択肢の意味合いが気になり調べた結果を自分用のメモがわりに記載するだけです。

Segueについて

 現在表示されているSegueについて以下のインデントされているものが表示されています。
Manual Segue
 Show
 Show Detail
 Present Modally
 Present As Popover
 Custom
Relationship Segue
 root view controller
Non - Adaptive Manual Segue
 Push(deprecated)
 Modal(deprecated)

Manual Segueについて

 Action Segueは画面遷移を表現するSegueです。これらのSegueは現在のデバイスのSize Classや、コンテナビューコントローラの種類に応じて、異なる挙動をします。

Show

 UINavigationControllerの画面遷移で画面間に関連性(親画面から子画面へ遷移させるなど、階層的な画面構成)があるときの「次」「戻る」などに使い、現在のビューを押し出すようにビューが横から現れます。

Show detail

 UISplitViewControllerのケースで、MasterViewとDetailViewの画面遷移を表示し、2分割されているビューの詳細ビューを置き換えます。

Present modally

 現在のviewの上に覆いかぶさるように新しいviewを表示します。

Present As Popover

 iPad用の種類で、現在の画面の上にポップアップviewを表示します。

Custom

 Segueに独自の画面遷移を実装する際に使用します。
 

Relationship Segue

root view controller

 NavigationControllerからViewControllerに接続する際に使用する。navigationControllerから接続からPush等を用いれるのは、UINavigationControllerによって管理されたViewControllerのみ利用可能らしい?????

Non - Adaptive Manual Segue

 複数のSceneに関連があることを示すSegueです。UINavigationBarやUITabBarControllerで用いられます。そのSceneがどういったコンテキスト(ナビゲーションなのか、タブなのか)で画面に表示されるのかを示す意味を持ちます。
 ###Push(deprecated)
 deprecatedは非推奨みたいなので割愛します。昔はよく使われていたみたいです????
 ###Modal(deprecated)
 deprecatedは非推奨みたいなので割愛します。昔はよく使われていたみたいです????

最後に

 間違っているかもしれないので訂正のコメントお待ちしております。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした