Edited at

続・Amazon Linux WorkSpaces US イメージでシステムの起動時に日本語入力を有効化する

前回の記事「Amazon Linux WorkSpaces US イメージでシステムの起動時に日本語入力を有効化する」では、既定でインストールされている ibus-kkc をインプットメソッドに指定しました。

残念ながら、私の環境では ibus-kkc で "・" (中点/中黒) をダイレクトに入力することができないことが分かりました。日本語の文章を書くときにこれは不便です。

kkc のシンプルな感じが気に入っていたので残念ですが、古株の ibus-mozc に乗り換えることにします。


Mozc をビルド・インストール

手頃なパッケージがなかったので、自前でビルドしました。

Mozc のビルドには結構癖があって、詳しく説明しようとすると、それだけで 1 つの記事になりそうです。今回はインストール手順だけ書くことにします。


  1. RPM パッケージをダウンロード1



  2. パッケージをインストール

    sudo yum -y install albuild-mozc-0.2.0-1.amzn2.x86_64.rpm
    



日本語入力 (iBus) を設定する

Mozc をインストールできたので、iBus を設定していきます。



  1. ~/.xprofile に環境変数の設定を書く


    ~/.xprofile

    #!/bin/sh
    
    export XMODIFIERS=”@im=ibus”
    export GTK_IM_MODULE=”ibus”
    export QT_IM_MODULE=”xim”



  2. Startup Applications に iBus デーモンの起動コマンドを追加する2
    コマンド: ibus-daemon -drx
    ibusdaemon.png


  3. ログアウト & ログイン


  4. ターミナルから ibus-setup コマンドを実行して、 iBus の Preferences を開く



  5. Input Method に "Japanese - Mozc" を追加する

    スクリーンショット 2018-09-07 4.53.06.png



無事に Mozc で日本語入力できるようになりました:tada:

Slice.png





  1. バイナリをインストールするのが怖いという方はご自分でビルド可能です。詳しくは README を参照。 



  2. 理由は分かりませんが、iBus デーモンの起動を ~/.xprofile の中で行うと、GUI アプリケーションでインプットメソッドを有効化するキー (Zenkaku_Hankaku) が効かないことがあります。代わりに Starup Applications にコマンドを登録したところ、うまくいっているようです。