Ruby
RaspberryPi

Rasberry PIを買ってからやった事(初級編)

More than 3 years have passed since last update.


インストール

SDカードを作ってインストールするところが超絶詰まった。

自分はこのやり方でmacのターミナルでSDカードにコピーしたけど、何故か2,3回上手くいかなかったw

後で知ったけど、こっちのRPi-sd card builderを使う方がいいかも。

とりあえず初期インストール後から。

とにかくsshでログインして設定をガシガシ変えます。

ssh pi@#{IPアドレス}

ID: pi

パスワード: raspberry

初期は上記でログインできます。


vimをインストール

Raspbianに初期でインストールされているviがとにかく使いにくいw

とりあえずvimをインストールしましょう!

sudo apt-get update

sudo apt-get install vim


ssh周りを変更

鍵認証で出来るように変更しましょう。

ついでにRootでログインできないようにしたりとか、ssh周りは修正しておいた方がいいですね。

#Port 22

Port 10022 #portも適当に変更しておきましょう
PermitRootLogin no # yes→noに
AuthorizedKeysFile %h/.ssh/authorized_keys #コメントアウトを外しておく
PasswordAuthentication no # yes→noに

rasberry pi上でも公開鍵/秘密鍵を作っておきます。

ssh-keygen -t rsa

authorized_keysを作成します。

sudo touch .ssh/authorized_keys

chmod 700 .ssh
chmod 600 .ssh/authorized_keys

sshのログイン元の公開鍵をscp or 直接テキストコピーでauthorized_keysに書き込みます。

※直接テキストコピーは変なスペースとか入ったりするので気をつけてくださいねw

sshを再起動かけます。

sudo /etc/init.d/ssh restart

ssh -i .ssh/id_rsa -p 10022 pi@#{IPアドレス}

これでloginできればokです。

あとはssh_configに書いてログインの入力を楽に。

Host pi

HostName #{IPアドレス}
User pi
Port 10022
IdentityFile ~/.ssh/id_rsa

これでokです。


rbenv/ruby-buildでrubyをインストール

実はrubyはデフォルトで入ってます。

が、1.9.3だったので2.1系をインストールします。

普通にrbenv のインストール (Linux Mint)ここを参照しながら入れてもらえればokです。

※ちなみに僕の場合

sudo rbenv install 2.1.2

sudo: rbenv: command not found

となったので、下記を追加で回避

alias sudo='sudo env PATH=$PATH'


実際にLEDを光らしてみる

まずは下記をみて25番だけ光らせる事をやってみましょう。

Raspberry PiでLED点灯(Lチカ)してみよう。

アノードとカソードは間違えないようにしてくださいね。

※ちなみにブレッドボードは下記をみて頂ければ分かります。

ブレッドボードの使い方

無事25番を光らせる事ができれば成功です。


LEDを光らせるmoduleを作る

下記のサイトに凄く便利なmoduleがあります。(module LED)

今後LEDを何かのタイミングで光らしたい場合は必須です!

Raspberry PI がその日の天気を教えてくれる