Help us understand the problem. What is going on with this article?

dockerでいらないimage,container,networkを一括削除する

More than 3 years have passed since last update.

【20170705追記】
全ての停止中のコンテナ、ボリューム、ネットワーク、イメージを一括削除するコマンドは下記です。

docker system prune 

https://docs.docker.com/engine/reference/commandline/system_prune/

環境

docker version 1.13.1

使っていないimageの一括削除

存在しているimageを確認する
docker images

使われていないimageを一括削除する
docker image prune

もう一度docker imagesで確認すると、不要なimageが削除されています。

使っていないcontainerの一括削除

起動しているcontainerを確認する
docker ps

起動していないものも含め全てのcontainerを確認する
docker ps -a

使われていないcontainerを一括削除する
docker container prune

もう一度docker ps -aで確認すると、不要なcontainerが削除されてdocker psした時と同じになっているはずです。

使っていないnetworkの一括削除

存在しているnetworkを確認する
docker network list

使われていないnetworkを一括削除する
docker network prune

もう一度docker network listで確認すると、不要なnetworkが削除されています。

【追記】

停止しているimage,container,networkを一括削除するため、以下のようなwarninagが出ます。

docker image prune
WARNING! This will remove all stopped images.
Are you sure you want to continue? [y/N]

訳:このコマンドは全ての停止しているimage(container,networkも同様)を削除します。
本当に続けますか?

yを選択すると、削除が実行されます。

意図的に停止していて残しておきたいimage,container,networkも一括削除されるため、起動はしていないが残しておきたいimage,container,networkがある場合は、pruneは使わずに個別に指定して削除するようにします。

mom0tomo
ʕ ◔ϖ◔ʔ Go/インフラ 最近はQiitaじゃなくブログに書いています👉 https://mom0tomo.github.io
https://mom0tomo.github.io/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした