Edited at

Ansible ~templateモジュール~

More than 1 year has passed since last update.

Ansible Documentationのtemplateモジュールの内容のメモです。


Ansible Documentation


概要


  • テンプレートモジュールは、指定したテンプレートのファイルを設置する

  • テンプレートはJinja2というテンプレート言語で記述される


オプション

頻度
パラメータ
必須
デフォルト値
選択肢
説明

backup
no
no
yes
no
コピー前に元ファイルのバックアップをタイムスタンプ情報を付加して取得する。


dest
yes
-
-
コピー先の絶対パスの指定。

force
no
yes
yes
no
既にファイルが存在する場合置き換えない。(要確認)


group
no
-
-
chownコマンドで設定できる所有者グループの設定。


mode
no
-
-
chmodコマンドで設定できる権限設定。8進数の指定とシンボリックモード(例を参照)での指定が可能。


owner
no
-
-
chownコマンドで設定できる所有者ユーザの設定。

selevel
no
s0
-
selinuxのレベル。

serole
no
-
-
selinuxのロール。

setype
no
-
-
selinuxのタイプ。

seuser
no
-
-
selinuxのユーザ。


src
yes
-
-
ローカルにあるJinja2テンプレートのパス。絶対パス、相対パスでの指定が可能。

validate
no
-
-
コピー前に実行される検証コマンド。検証するファイルのパスは例のように『%s』で指定することが可能。



example.yml

# Example from Ansible Playbooks

- template: src=/mytemplates/foo.j2 dest=/etc/file.conf owner=bin group=wheel mode=0644

# The same example, but using symbolic modes equivalent to 0644
- template: src=/mytemplates/foo.j2 dest=/etc/file.conf owner=bin group=wheel mode="u=rw,g=r,o=r"

# Copy a new "sudoers" file into place, after passing validation with visudo
- template: src=/mine/sudoers dest=/etc/sudoers validate='visudo -cf %s'



参考