自分のGitHub Pagesと独自ドメインの設定方法

  • 135
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

2015/2/3 更新

DNSに設定するAレコードが変更になったので、更新しました。

以前の204.232.175.78で登録している方はGitHubからメールが届いてると思うので変更しましょう。


せっかくドメインを取ったのに何もせず放置してたからそろそろ使ってみようと思って。。

でもサーバー立てる程でもないしと思っていたらGitHub Pagesを見つけました。

リポジトリ単位でしか設定出来ないと思ってたけど、これ自分のアカウント名でPage作れるみたい!

サーバー立てる必要もないしせっかくなので使ってみた。

今回作ったページ

mofumofu3n.com

必要なもの

  • GitHubアカウント
  • 独自ドメイン(お名前.comで取りました)
  • 設定いじれるDNSサーバ(お名前.comのやつ使った)

リポジトリの作成

GitHub上で下記のリポジトリを作成する

リポジトリ名:<アカウント名>.github.io

これで自分のアカウントでGitHub Pagesが作成できた。

こんな感じでアクセスできる。

mofumofu3n.github.io

DNSの設定

今回はmofumofu3n.comを使います

  1. お名前.comにログインしタブから"ドメイン設定"を開く
  2. "DNS関連機能の設定"を開く
  3. "DNSレコード設定を利用する"の設定を開き、自分の設定するドメインを選択
  4. Aレコードに192.30.252.153192.30.252.154を追加する
  5. 設定を保存する

DNSの設定はこれで終わり

CNAMEファイルを作成

  1. 作成したリポジトリをcloneして、以下のようにCNAMEファイルを作成しリポジトリにプッシュする
$ echo mofumofu3n.com > CNAME
ドメインは自分のドメインにしてください

あとはDNSの設定が完了すれば自動的にリダイレクトされる。

おわりに

GitHub Pagesを使えば簡単に静的ページが作成できます。

ブログをやりたい場合はjekyllを使えば出来るらしいです。

しかもMarkdownで書けるみたいだからエンジニアには嬉しいね!