Help us understand the problem. What is going on with this article?

re:Invent 2019 紀行

cloudpack大阪の山崎です。
今年、re:inventに初参加しました!なので、どんな感じだったか紀行としてまとめたいと思います。
(あまり技術に突っ込んだ話はないです。)

re:Invent : https://reinvent.awsevents.com/

行くことになった経緯

ありがたいことに8月に社内でルーキー賞なるものをいただき、その副賞としてre:Inventへの参加権利をいただいたため、今回参加することに。

日程

2019/12/01 (JST) 関西国際空港発
2019/12/01 (PDT) ロサンゼルス国際空港乗り換えマッカラン国際空港着、ホテルチェックイン
2019/12/01 (PDT) 〜 2019/12/05 (PDT) re:Invent
2019/12/06 (PDT) ホテルチェックアウト、マッカラン国際空港発
2019/12/07 (JST) ロサンゼルス国際空港乗り換え関西国際空港着、帰宅

JTBの「AWS re:Invent 2019 ジャパンツアー」を利用。だいたいみんなこれ使うらしい。
https://www.jtbbwt.com/section/awsreinvent_2019/

宿泊場所

Mirage
住所: 3400 S Las Vegas Blvd, Las Vegas, NV 89109
https://mirage.mgmresorts.com/en.html

ここで4泊。とてもよかった

紀行

0日目 準備

持ち物

  • パスポート
  • 現金 5万円
  • クレジットカード 3枚
  • 名刺
  • 社用PC (Macbook Pro)
  • PC充電器
  • スマホ充電器
  • 長袖Tシャツ 4枚
  • ジーンズ 1枚
  • 下着 5枚
  • 靴下 5セット
  • メガネ
  • 替えコンタクト
  • コンタクト洗浄液
  • 筆記用具 (3色ボールペンくらい)
  • 歯ブラシ

バッグ

  • キャリーバッグ (2〜3泊サイズ。小さめ)
  • リュックサック
  • サコッシュ (パスポートとか常備するものを入れる)

1日目 (2019/12/01)

14:00 関西国際空港着

  • チェックイン
  • 手荷物預け
  • WiFi受取
    • 事前に会社に申し込んでもらってた
  • 海外旅行保険加入
    • 7日分 約1万円(高い。。
  • 両替 500ドル分(約5万)

15:00 保安検査場&出国審査通過

他の参加者たちと乾杯

17:40発 関西国際空港発

約9時間のフライト
登場前に調子乗ってラーメン・餃子・生ビール二杯を食して、半分飛行機酔い。でも3, 4時間くらい寝れた

10:35 経由地 ロサンゼルス国際空港着

到着したけど、別便のトラブルでゲートが開かず1時間ほど飛行機内で待機した。
入国審査は定型文しか聞かれず、難なく無事入国して後はロサンゼルス国際空港をぶらぶら
Hobbit でバーガー食べてPeetsコーヒーでアイスコーヒー飲む

16:35 ロサンゼルス国際空港発

約1時間のフライト
関空 - LAの搭乗員は日本人だったので英語になってもまだ聞き取りやすかったが、さすが本土。アナウンス全然分からん。

17:30 ラスベガス (マッカラン国際空港) 着

現地気温は想定の範囲内の寒さ。本当にスロットあった

18:00 re:Invent Registration

空港内に設置されたRegistrationコーナーで参加登録
タッチパネルから姓名・泊まるホテルを入力したらバッジが発行される
その他とスタッフがID (パスポート) の写真と顔を見て本人確認

18:30 シャトルバスでホテルへ

JTBの人の案内でホテルへ移動。街がキラキラしてた。

19:30 Mirage着 & チェックイン

泊まったのは21階の一室。

20:00 ディナー

ホテル内のレストランで肉を食べる。

22:00 Midnight Madness

Venetianへ移動し、Midnight Madnessに参加

Venetianのカンファレンス会場の入口

光るリストバンドもらった。

ステージではDJが盛り上げてた

飲み放題。適当に観て、ビール一杯飲んで退出。

23:00 会食・Walgreenで買い物

近くにWalgreenとかCVSとかあるので、日用品とか軽食・ドリンクは買える
アメリカンサイズなものがいろいろあるので行くだけで面白いと思う

24:00 ホテル帰還。就寝

すぐ寝た。時差ぼけはなかった。

2日目 (2019/12/02)

6:00 起床

シャワーのお湯の出し方がわからずそこそこ苦戦
(水量調整やと思ってたノズルが、水量調整兼温度調整のノズルでした...

7:00 Venetian会場をうろうろ

SWAGで入場者特典をもらう

Certification Loungeで資格取得者特典もらう

ラウンジの場所がわからず、Certification Informationで聞いたら連れて行ってくれた。(一緒に迷ったけどw

人が多く、特典だけもらってMirageへ戻る。

8:00 Mirageで朝食

この日はAWSからの提供はなし。
Mirage内のCarnegie Deliってとこで朝食
空いてたから入ったけどちょい高い。$27

10:00 Fargateのワークショップ行くが、入れず。

CON208-R - [REPEAT] Build your microservices application on AWS Fargate
並ぶのが遅すぎた... 予約してなくても行けると思っていたがそんなことはない。1時間前には並ぶべき

10:45 Global Acceleratorのセッション

NET318-R - [REPEAT] Building highly available applications using Global Accelerator
空いてたので、予約なしで入れた。
セッションはよほど人気のものでない限りすぐ入れたりする。
Global Acceleratorあまり理解ができず。要復習。

公開されている公式のセッションの動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=3ud_LLpzOAE

13:00 Ariaへ移動

Ariaへ移動
シャトルバスのバス停の場所が2カ所あって、違う方に行ってしまう
実際のバス停もイベント会場の奥で、遠かったし分かりにくい
バスはめちゃめちゃ空いてる(本数多いから?

14:30 BuilderSessionに参加しようと並んだが、参加できず。

DOP340-R - [REPEAT] Debugging serverless applications
参加しようと早めに並んだが、また参加できず。
BuilderSessionは一部屋に10個くらいテーブルがあり、テーブルごとにテーマが異なる少人数参加のセッション。
なので、テーブルごとに定員があり、他のセッションと比べても並んで入れる確率は低い。

14:40 ContentHubsでECSのCI/CDのセッション観る

CON333-R - [REPEAT] Best practices for CI/CD using AWS Fargate and Amazon ECS
ある人気のセッションは会場に行かなくても、会場ごとに用意されているCotentHubsでライブ中継を観られる。

Builder Sessionに参加できなかったので隣にあったContentHubsで中継を観た
CDK激推しでした。

公開されている公式のセッションの動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=7FVK0i9edyg

16:00 Microserviceのセッション観る

ENT308-S - Build your next microservices application with modern AWS services
Fleet CompleteとNew Relicの人によるセッション
それぞれのレイヤー同士の繋げ方・構成とか、APMを入れましょうという話。

公開されている公式のセッションの動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=msxD0bTFu2A

18:00 弊社主催ウェルカムパーティー

普段からお世話になっているお客さんを交えて食事。

23:00 Mirageでカジノ

ブラックジャックやった。無事$100溶かす。

24:00 就寝

3日目 (2019/12/03)

6:00 起床

乾燥しすぎ。スマホの反応が若干悪くなる。

7:00 Venetianで朝食

すごく独特な味

8:00 Venetianでキーノート

KYN202 - Keynote by Andy Jassy

中央あたりで聴く。わくわくして楽しかった。
スライドに出てた弊社のロゴが間違ってて弊社慌てる

公開されている公式のセッションの動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=7-31KgImGgU

12:15 コンテナの可観測性のセッション観る

CON328-R - [REPEAT] Improving observability of your containers

CloudWatch Container InsightsとかFireLensとかAWS App Meshの紹介

公開されている公式のセッションの動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=O1NQrIm_4cg

14:00 MTG

15:00 Venetianあたりで昼食

ベイエリアでインターンしてた時によく行ってたPanda Expressみつけたのでそこで。やっぱ美味い

16:00 AriaのQuadでぶらぶら

主にハードウェア系が集まってるところ。
セッション予約してたけど、行かずにQuadでぶらぶら

Onicaのブースのゲームが面白かった
https://onica.com/videos/aws-reinvent-2019-onica-createai-magic-interactive-lab/

AWS IoT系の集まる家?に行ったりなど。

17:30 VenetianのExpoでぶらぶら

広すぎて回りきれず。ちょこっとノベルティもらう。

19:00 Japan night

JTBが毎年開いている日本からの参加者向けのパーティ。いろいろと交流させていただく。

22:00 2次会・カジノなど

ブラックジャックやった。弊社社長に教えられながら無事$100溶かす。

25:00 ホテル帰還。就寝

すぐ寝た

4日目 (2019/12/04)

6:00 起床

本日は雨。ちょっと湿度が上がってよかった。

8:30 Venetianでキーノート

KYN203 - Global Partner Summit Keynote
ちょっとパートナーの話は僕よくわかってないですね...

昨日のキーノートで間違ってた弊社ロゴは無事直ってた

11:30 AriaでECS Capacity ProviderのBuilders Sessionに参加

CON319-R - [NEW LAUNCH!] [REPEAT] Build a highly available service using Amazon ECS capacity providers

早速ECS新機能のCapacity Providerの情報を聞きに。便利そうだけど使いこなせるか微妙。
講師とも距離が近く、気軽に質問できる感じ。そこそこ英語力が試される。

13:00 Venetianの認定者ラウンジで軽食

あまりお腹空いてなかったのとVenetianのランチボックスが美味しくなさそうだったので、ラウンジで昼食
といってもスナックしかない。コメで作られたよくわからないスイートを食べる。味は悪くない。

14:00 DeepComposerのワークショップに参加

AIM223-R8 - [NEW LAUNCH!] [REPEAT 8] AWS DeepComposer: Get started with generative AI
Deepシリーズの新しい仲間「DeepComposer」のワークショップ。参加すると実機がもらえるので大人気。運良く予約できた。

通常は、予約した人は10分前までに行けばよいが、話によるとこれについては30分以上前にこないといけないとか。
確かに50分前に行っても一瞬止められた。

17:00 DeepComposerを受け取る

VenetianのSWAGで受け取り。

18:00 AWS Certification Appreciation Receptionに参加

AWS資格取得者だけが参加できるレセプション。

昨晩のJapanNightと会場は一緒だが雰囲気が全く違った。日本人はほとんどいない。楽しかった。

22:00 ホテル帰還。就寝

カジノは無し。
連日の疲れがたまり、超眠いので早めにねる。

5日目 (2019/12/05)

6:00 起床

よく寝た。回復。

7:30 Mirageで朝食

一昨日のVenetianの朝食よりは美味しい。

8:30 Venetianでキーノート

KYN204 - Keynote by Dr. Werner Vogels

NitroとかFireCrackerとかの話が中心
正直よく理解できてないけどわかった気になった

公開されている公式のセッションの動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=OdzaTbaQwTg

12:00 昼食 & 街ブラ

この日は同僚とりラスベガスの街を歩いたりお土産買ったり。

ストリップ通りをAriaに向かってまっすぐ歩いた。
昼食は IN-N-OUT Barger。食べたの3回目。肉がいい。

ラスベガスで一番有名なBellagioの噴水を野郎2人で観る。すごかった。水が踊れることを知る。

15:30 Ariaに歩いて到着

Quadを観にいった。
そのあとはMirageへシャトルバスで帰る

19:30 re:Playに参加

同僚とお客さんと参加。
各ホテルから無料のシャトルバスが出ているため、時間合わせて一緒にMirageから出発



ライブ会場だけだと思ってたが、広い場所に何個かドーム状の建物があり、それぞれライブやアクティビティなどを楽しめる感じ。
ただ、ほぼ野外会場みたいなものなので寒い

ゲームしたりライブみたり飲んだり食べたりして楽しむ。

これにて私のre:Invent 2019終了。

23:00 Mirageの部屋に戻って荷造り

帰る準備。キャリーバックが小さめだったけど、お土産含めギリギリ。

24:00 カジノ

スロットやった。日本でもやったことなかったけど無事$100溶かす

26:00 就寝しない

帰りの集合時間が3:30AMなので、寝ないでおく。
この投稿を書いたりして時間つぶし

6日目 (2019/12/06)

3:30 ロビー集合・空港へ出発

遅れず来れてえらい

4:30 空港着・チェックイン

同僚の荷物が重量オーバー。僕はそんなに荷物なかったので、お土産の一部を日本まで持ち帰る。

5:00 保安検査場通過

保安検査場で、右ポケットにイヤホン入ったまま通過してしまいガン詰めされた。
テンパって何言ってるかわからずおどおどして保安官にめっちゃ怒られた。トラウマ

6:30 ラスベガス (マッカラン国際空港) 発

7:40 経由地 ロサンゼルス国際空港着

トランジットで5時間待機。

9:00 朝飯兼昼飯?

大好きPanda Express。

12:35 ロサンゼルス国際空港発

乗り換えだったからか、出国審査的なものはない。
13時間の長旅。そこそこ寝た。

7日目 (2019/12/07)

18:30 関西国際空港着・帰国

おつかれっした。大阪寒い。

感想

ラスベガスがAWS一色で、AWSの全てが集まっている感じ。とても濃厚な1週間で刺激的な毎日でした。
びっくりしたのは、規模のデカさとド派手さ。そして人の量。これは行かないとわからなかった。会場内歩くだけでヘトヘト。

「Ask me」と書かれた黄色いTシャツを着たスタッフがいっぱいいて、場所とかわからなければすぐ聞けたのはよかった。結構皆さん親切でした。

新サービスの発表は、皆さんの感想を聞くとそうでもないみたいな感じですが、僕はすごくワクワクしてエキサイティングでした。SageMaker StudioやDeepComposerなど、機械学習系は個人的にもっと触りたいなあと思いました。あとFargate for EKSの発表は、会場内も歓声が上がってました (むしろ歓声あがったのこれくらい?)

ぜひまた行きたい。

失敗

  • セッション予約をもっとすべきだった
    • 事前にセッション (特にワークショップ) をちゃんと調べてもっと予約しておけばよかった。時間を上手に使えなかった。期間中に新しいセッションが次々公開されるので、随時調べてた。それで取れたものもあったのでよかった。
  • ノベルティなどの情報をキャッチできてなかった
    • Expoなどに行くともらえるノベルティを全然もらえなかった。初日に早めに行かないともらえないんだなと。上級者はしっかりともらえるものもらっててすごいなあと
  • 乾燥対策不足
    • ナメてた。顔がすごく痛かった。
  • イングリッシュ
    • 失敗というより、まあもっと勉強しようと。ちょっとは自信あったけど日に日にその自信は下降して行った感覚。話せなくても聞き取れなくてもせめて読めればそこまで不自由はないかなと。まだそれはできた (と思う) のでよかった。
  • 他の国の人ともっと交流すべきだった
    • 上のこととも関係するが、日本人以外とももっと交流できればよかったとガチ反省。せっかくアメリカいたのに。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした