search
LoginSignup
22

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

Raspberry Pi 2とMacをad-hocで接続する

この記事は?

Raspberry Pi 2とMacをad-hoc接続することで、WiFiルータのない環境でも接続できるようにするものです。
この記事に従うことで、以下のように、Raspberry Pi 2に接続できるようになります。

接続の例

  • SSH
    スクリーンショット 2015-05-18 14.41.54.png

  • VNC(Raspberry Pi 2側tightVNC、Mac側turboVNC)
    スクリーンショット 2015-05-18 14.44.51.png

tightVNCの設定に関しては、以下の記事が参考になります。
Raspberry Piの設定【VNCサーバ(tightVNC)の設定】

turboVNCはこちらからダウンロードできます。

必要なもの

  • Raspberry Pi 2(Raspberry PiでもOK)
  • USBタイプのWiFiアダプタ
  • Mac

Raspberry Pi 2の設定

まず、ad-hoc接続では、IPの自動割り当てを担当する機械がないため、固定IPが基本となるようです。
そこで、Raspberry Pi 2の固定IPの設定をします。

  • Raspberry Pi 2で、以下のコマンドを実行して、/etc/network/interfacesを以下のように変更します。
sudo nano /etc/network/interfaces

/etc/network/interfaces

auto lo

iface lo inet loopback
iface eth0 inet dhcp

# 元からあるwlan0に関する設定をコメントアウトする
# allow-hotplug wlan0
# iface wlan0 inet manual
# wpa-roam /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

iface default inet dhcp

# ad-hoc用の設定を追記する
auto wlan0
iface wlan0 inet static

# 他の機器と被らない適当なIPアドレス
address 192.168.5.5
netmask 255.255.255.0
# 適当なチャンネル番号(もし、うまく接続できないときは、この値を変更してください。)
wireless-channel 11
wireless-mode ad-hoc
# 適当なSSID(今回はmba)
wireless-essid mba
# 適当なWiFiのパスワード
wireless-key ***********

あとは再起動するだけで、自動的にad-hocネットワークが作成されると思います。

Macでの設定

ネットワークへ接続する

Raspberry Pi 2が再起動した時点で、以下のようにネットワーク一覧に表示されていると思います。

スクリーンショット 2015-05-18 14.12.03.png

表示されている、<Raspberry Pi 2側で設定したSSID>をクリックし、<設定したパスワード>を入力することで、接続が完了します。
接続が完了しますと、以下のように<Raspberry Pi 2側で設定したSSID>にチェックマークが付くことを確認できます。

スクリーンショット 2015-05-18 14.03.54.png

Macの固定IPの設定など

Macもad-hoc接続を利用するので、固定IPの設定が必要です。

環境設定->ネットワークを開きます。
スクリーンショット 2015-05-18 14.20.16.png

画面左側リストより、Wi-Fiという欄を選択し、右下の詳細...というボタンを押します。

すると、以下のようなメニューが現れますので、TCP/IPというタブを選択します。

スクリーンショット 2015-05-18 14.25.08.png

(1)は、手入力を選択してください。
(2)は、他の機器と被らない(Raspberry Pi 2とも被らない)適当なIPを入力してください。
(3)は、255.255.255.0と入力してください。
(4)は、<Raspberry Pi 2側で設定したIP>を入力してください。

参考: Mac上のUbuntu(VirtualBox)とRaspberry Piを直接接続する

そして、画面右下のOKを押し、最後にネットワーク画面右下の適用ボタンを押すことで、設定完了です。

注意

Raspberry Pi 2との接続を解除し、他のWiFiへ繋ぐ場合、
そのままではインターネットに繋がりません。

元の接続方法へ戻す方法 Macを参考に、元の設定へ戻してください。

元の接続方法へ戻す方法

  • Raspberry Pi 2 /etc/network/interfacesを元の内容へ戻します。(以下は元の内容のサンプルです)
auto lo

iface lo inet loopback
iface eth0 inet dhcp

allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet manual
wpa-roam /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

iface default inet dhcp

再起動します。

  • Mac

元のSSIDに接続した後、
環境設定->ネットワーク->WiFi詳細クリック->TCP/IPタブより、

スクリーンショット 2015-05-18 20.15.12.png

(1)を「DHCPサーバを使用」に変更します。


この記事は以下の記事を参考にしました:
Raspberry Pi を BUFFALO の USB wifi で ad-hoc 通信する設定 - Qiita

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
22