Android
OpenCV

OpenCV3.0.0 for AndroidStudio

More than 3 years have passed since last update.


OpenCV3.0.0 for AndroidStudio


環境


  • Windows10,Yosemite

  • AndroidStudio 1.2.2

  • JDK 1.8.0u51

  • OpenCV 3.0.0


OpenCVを用意

ここから「OpenCV-3.0.0-android-sdk-1.zip」を落とし、適当な場所に展開。


AndroidStudioでプロジェクト作成

適当にプロジェクトを作成。

この時Minimum SDKのAPI Levelを14(ICS)にした方が良さげ。


モジュールを突っ込む

プロジェクトの作成が終わったら、[File]->[New]->[Import Module...]を開く。

Source directoryには、「(落としたOpenCVのSDK)\sdk\java」を指定。

例として、ホームディレクトリにOpenCVを展開した時のパスを示す。


C:\Users\mizofumi0411\OpenCV-3.0.0-android-sdk\sdk\java


Module nameは適当な名前でOK。

最後にFinishを押すとプロジェクトにモジュールが取り込まれる。


共有ライブラリをプロジェクトに取り込む

OpenSDKの中にある「libs」を「jniLibs」にリネームしてプロジェクトに入れる。具体的には以下の通り。


C:\Users\mizofumi0411\OpenCV-3.0.0-android-sdk\sdk\native\libs


このディレクトリをコピーする。そして、以下のプロジェクトのディレクトリの中にコピー


C:\Users\mizofumi0411\AndroidStudioProjects\AndroidCV\app\src\main


そして、「libs」を「jniLibs」にリネーム。

最終的には、次のようなパスになる。


C:\Users\mizofumi0411\AndroidStudioProjects\AndroidCV\app\src\main\jniLibs



appがモジュールを読めるようにする

AndroidStudioを開き、[File]->[Project Structure]を開く。

左カラムにある「app」を選択し、右カラムの「Dependencies」タブを開く。

右側にある「+」をクリックして、「Module dependency」を選択。

そうすると、さっき取り込んだモジュールが表示されるのでそれを選択して「OK」。


おわり

これで、AndroidStudioでOpenCVが使えるようになった。


注意

OpenCVをロードする時、OpenCVLoader.initAsync()メソッドを使用するとOpenCV ManagerをGooglePlayでインストールするように言われるが、インストールしても端末によっては動作しなかった。

そこで、OpenCVLoader.initDebug()メソッドを使用するとOpenCV Manager無しでも動いた。