Edited at

estimote iBeacon分解

More than 5 years have passed since last update.

estimoteのiBeaconがBLEでスキャンしても見つけられなくなった・・・

もしや電池切れ?ということで、分解して電池交換してみました。

電池2年持つって話だし、まさかとは思うが念のため。

注)estimoteのiBeaconは技適通ってないので国内で利用出来ません

まずは裏のシリコンをはがします。

べったりくっついているのでカッターで切りながらはがします。。

電池交換しているようには見えませんね。

ibeacon1.JPG

シリコンをはがすと今度はプラスチックの板で覆われています。

ibeacon2.JPG

このプラスチックもべったりケースにくっついているので、やっぱりカッターで切りながらはがします。。

しつこいようですが、電池交換作業中です><

ibeacon3.JPG

基板が出てきました!

ibeacon5.JPG

分解完了。き、きたない。

電池交換作業中といったら、はたして何人が信じてくれるでしょうか。。

はたからみると、破壊的衝動に駆られたただの変態にしか見えないのではないかと心配です。

ibeacon6.JPG

電池はCR2450。でかい。コンビニには置いてませんでした。

ibeacon7.JPG

で、結論としては電池交換したらまた認識しましたw

バッテリー2年もつって言ってたのに。。1年持ってないよ><

しかも、電池交換させる気ゼロってくらいがっちりべったりカバーされてるし。

これ、戻すときはまた接着剤でつけ直すのかな。。

iBeacon、色々あるけど電池交換の手間も考慮して選ばないと大変ですね、という教訓になりました。

追記(2014/08/25)

Reality matters — Estimote rolls out the world’s first power management tool for iBeacon

の記事によると、電力モードを設定できるようになって電池が長く持つようになったみたいです。