Mac
Excel
Office2016

Mac版Microsoft Office 2016のExcelでファイルを開くときの通知を回避する手順

はじめに

数ヶ月前からExcelのファイルを開こうとすると「'〇〇.xlsx'の一部の内容に問題が見つかりました。可能な限り内容を回復しますか?ブックの発行元が信頼できる場合は、[はい]をクリックしてください。」という通知が表示されるようになりました。

スクリーンショット 2018-04-04 6.10.23.png

「はい」をクリックして不要な情報を削除すると通常どおり使えるようになるのですが、保存時に名前をつけて保存する操作が必要になり、なんとなく困っていたのですが、ある操作をしたらここ数日出なくなったので、以下に手順をまとめます。

ファイルを閉じる前のひと手間

ファイルを保存する前にIMEを英数半角モードにして、セルに何か文字を入力してからそれを消して保存します。

以上。

とりあえず、いくつか通知の出ていたファイルで通知が出なくなってくれてとても嬉しい(^_^;)

追記

しばらくひと手間を心がけていてわかったこととして、一度上記の操作をしたファイルはしばらく上記の操作をしなくてもエラーがでなくなるようです。
ということで、エラーが出たファイルのみ上記の操作をして終了するという運用で、全然違和感なく利用できてます(^-^)/

追々記

どうやら最後の入力した文字が半角のアルファベットか数値でない場合に、上述のエラーが出るので、保存の前に半角で文字を入力してから保存するというのはいつも心がける必要がありそうです。