Help us understand the problem. What is going on with this article?

dockerで一人から始める社内用ナレッジを作ってみたら周りが捗りまくった話

More than 3 years have passed since last update.

追記(2016/10/03)

リリースノート眺めてたらv1.6.0でスライド対応!
勉強会のスライドとかおけるように!
https://github.com/support-project/knowledge/releases


やりたいこと

  • Qiitaってすばらしいんだけど、社内のノウハウ蓄積にも使いたい
  • Qiita::Team使いたいけど、開発人員が多すぎでコスト高&保守的な会社なので許可がおりない…

使ったもの

環境

  • Windows7 (Corei5 8GBRAM/会社支給品)

ちゃちゃっと整備

とりあえず自分用に欲しかったので
適当なディレクトリに永続化用のディレクトリを用意して、docker-compose.ymlを作る

$ mkdir -p ~/docker/knowledge # docker-compose.ymlを置くディレクトリ
$ mkdir -p ~/docker/knowledge/data # 永続化用ディレクトリ(別のディレクトリでもいいです)
$ cd ~/docker/knowledge
$ vi docker-compose.yml

先ほど作ったディレクトリに置いておく

docker-compose.yml
docker-knowledge:
  image: koda/docker-knowledge
  volumes: 
    - C:\Users\hogehoge\Documents\docker\data:/root/.knowledge
  ports:
    - 8080:8080
  restart: always

付属のDocker Quickstart Terminalを起動してdocker-compose.ymlがあるディレクトリで

$ docker-compose up -d # upで起動して-dでバックグラウンド実行

社内ネットワーク向けに公開する

  1. Virtualbox起動
  2. 起動しているdockerマシンを選択して、右クリック→「設定」
  3. 「ネットワーク」タブ→アダプタ1→ポートフォワーディング
  4. docker-compose.ymlのportsで指定したポート(左側)を指定 image
  5. http://PC名:ポート番号で公開される

データを守るために

永続化ディレクトリを定期的にバックアップするといいかも
自分の環境はPC起動しっぱなしなので、毎日20時に定期的にプライベートリポジトリへ
git add . && git commit -m 'update' && git pushしている

knowledgeのイカしたところ

  • Qiitaっぽい
  • OSS
  • 今でも開発が活発

まとめ

dockerで気軽に1人から始められるようになったので、とりあえず試してみよう的な感じになる
社内のノウハウも外部に漏れるのを気にせずQiitaっぽく書けるので◎
新卒や中途、派遣さんからも大変好評

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away