Help us understand the problem. What is going on with this article?

Laravel 設定ファイルの内容を呼び出す

目的

  • Laravelの設定ファイルへの追記方法と設定ファイルの読み込み方法をまとめる
  • ※本説明でいう設定ファイルとは.envファイルではなく、アプリ名ディレクトリ/config直下にあるファイルを指す

実施環境

  • ハードウェア環境
項目 情報
OS macOS Catalina(10.15.5)
ハードウェア MacBook Pro (13-inch, 2020, Four Thunderbolt 3 ports)
プロセッサ 2GHzクアッドコアIntel Core i5
メモリ 32 GB 3733 MHz LPDDR4
グラフィックス Intel Iris Plus Graphics 1536 MB
  • ソフトウェア環境
項目 情報 備考
PHPバージョン 7.4.3 Homwbrewを用いて導入
Laravelバージョン 7.0.8 commposerを用いてこちらの方法で導入→Mac Laravelの環境構築を行う
MySQLバージョン 8.0.19 for osx10.13 on x86_64 Homwbrewを用いてこちらの方法で導入→Mac HomebrewでMySQLをインストールする

前提条件

  • 実施環境に記載した環境、またはそれに準ずる環境が用意されておりLaravelアプリが作成されていること。

前提情報

読後感

  • アプリ名ディレクトリ/config直下の設定ファイルに独自の設定を追記することができる。
  • アプリ名ディレクトリ/config直下の設定ファイルに記載されている値を読み込み表示することができる。

概要

  1. 設定ファイルの作成と記載
  2. ルーティング情報の追記
  3. コントローラファイルの作成と記載
  4. ビューファイルの作成と記載
  5. 確認

詳細

  1. 設定ファイルの作成と記載

    1. アプリ名ディレクトリで下記コマンドを実行して設定ファイルを作成する。

      $ vi config_test.php
      
    2. 開いたファイルに下記の内容を追記し保存して閉じる。

      アプリ名ディレクトリ/config/config_test.php
      <?php
      
      return [
          # 文字列の設定
          'config_str' => 'これは設定ファイルで設定された文字列です。',
      ]
      
      ?>
      
  2. ルーティング情報の追記

    1. アプリ名ディレクトリで下記コマンドを実行してルーティングファイルを開く。

      $ vi routes/web.php
      
    2. 下記の内容を追記する。

      アプリ名ディレクトリ/routes/web.php
      Route::get('/config_check', 'ConfigCheckController@config_check')->name('config_check');
      
  3. コントローラファイルの作成と記載

    1. アプリ名ディレクトリで下記コマンドを実行してコントローラファイルを作成する。

      $ php artisan make:controller ConfigCheckController
      
    2. アプリ名ディレクトリで下記コマンドを実行してただいま作成したコントローラファイルを開く。

      $ vi app/Http/Controllers/ConfigCheckController.php 
      

      下記の様に記載を行う。

      アプリ名ディレクトリ/app/Http/Controllers/ConfigCheckController.php
      <?php
      
      namespace App\Http\Controllers;
      
      use Illuminate\Http\Request;
      // 下記を追記する
      use Illuminate\Support\Facades\Config;
      
      class ConfigCheckController extends Controller
      {
          // 下記を追記する
          public function config_check()
          {
              // アプリ名ディレクトリ/config直下に存在するconfig_test.phpファイルで定義されているconfig_strの文字列を$strに格納する処理
              $str = Config::get('config_test.config_str');
              return view('checks.config_check', [
                  'str' => $str,
              ]);
          }
          // 上記までを追記する
      }
      
  4. ビューファイルの作成と記載

    1. アプリ名ディレクトリで下記コマンドを実行してビューファイルを格納するディレクトリを作成する。

      $ mkdir resources/views/checks
      
    2. アプリ名ディレクトリで下記コマンドを実行してビューファイルを作成する。

      $ vi resources/views/checks/config_check.blade.php
      
    3. 開いたビューファイルに下記の内容を記載する。

      アプリ名ディレクトリ/resources/views/checks/config_check.blade.php
      {{ $str }}
      
  5. 確認

    1. アプリ名ディレクトリで下記コマンドを実行してローカルサーバを起動する。

      $ php artisan serve
      
    2. ブラウザで下記にアクセスする。(Authの認証機能が付与されているLaravelアプリで下記にアクセスする場合、ログインが必要になる場合がある。)

    3. 下記の様に、設定ファイルに記載した内容がブラウザ上で表示されていれば作業完了である。

      *画像

参考文献

miriwo
web系のバックエンドの知識を習得中!
https://miriwo.hatenablog.com/
boomtechcafe
埼玉県の朝霞台を拠点にエンジニアの勉強会、交流会等のイベントを企画しています! 朝霞台駅か北朝霞駅が全然行けちゃうぜってエンジニアの方がいたら是非! もくもく会とかゲーム大会とかもやれたらな~って思ってます。
https://boom-teck-cafe.connpass.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away