search
LoginSignup
2

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

Organization

Laravel テストコードを書いてみよう

目的

  • Laravelのフューチャーテストコードの書き方をまとめる

実施環境

  • ハードウェア環境
項目 情報
OS macOS Catalina(10.15.5)
ハードウェア MacBook Pro (13-inch, 2020, Four Thunderbolt 3 ports)
プロセッサ 2 GHz クアッドコアIntel Core i5
メモリ 32 GB 3733 MHz LPDDR4
グラフィックス Intel Iris Plus Graphics 1536 MB
  • ソフトウェア環境
項目 情報 備考
PHP バージョン 7.4.8 Homwbrewを用いて導入
Laravel バージョン 8.6.0 commposerを用いてこちらの方法で導入→Mac Laravelの環境構築を行う
MySQLバージョン 8.0.19 for osx10.13 on x86_64 Homwbrewを用いてこちらの方法で導入→Mac HomebrewでMySQLをインストールする

前提条件

  • 実施環境と同じ、もしくは準ずる環境が構築されていること。

前提情報

  • Laravelのテストはフューチャーテストとユニットテストが存在しこの記事ではフューチャーテストの方法を紹介する。
  • MacのローカルにLaravelアプリを作成し$ php artisan serveコマンドを用いてローカルサーバを起動して確認するものする。
  • 「特定の文字がビューに表示されているか」と「Httpステータスコードの200が帰ってくるか」を確認する。

概要

  1. アプリの作成
  2. ルート情報の記載
  3. コントローラーファイルの作成と記載
  4. ビューファイルの作成と記載
  5. テストコードの作成と記載
  6. テストの実行

詳細

  1. アプリの作成

    1. 任意のディレクトリで下記コマンドを実行してLaravelアプリを作成する。

      $ laravel new feature_test
      
    2. 先のコマンドで作成されたfeature_testディレクトリに移動する。

  2. ルート情報の記載

    1. feature_testディレクトリで下記コマンドを実行してルーティングファイルを開く。

      $ vi routes/web.php
      
    2. 下記のルーティング情報を追記する。

      feature_test/routes/web.php
      Route::get('/hello', 'App\Http\Controllers\HelloController@index');
      
    3. 追記後のルーティングファイルの内容を下記に記載する。

      feature_test/routes.web.php
      <?php
      
      use Illuminate\Support\Facades\Route;
      
      /*
      |--------------------------------------------------------------------------
      | Web Routes
      |--------------------------------------------------------------------------
      |
      | Here is where you can register web routes for your application. These
      | routes are loaded by the RouteServiceProvider within a group which
      | contains the "web" middleware group. Now create something great!
      |
      */
      
      Route::get('/', function () {
          return view('welcome');
      });
      // 下記を追記する。
      Route::get('/hello', 'App\Http\Controllers\HelloController@index');
      
  3. コントローラーファイルの作成と記載

    1. feature_testディレクトリで下記コマンドを実行してコントローラファイルを作成する。

      $ php artisan make:controller HelloController
      
    2. feature_testディレクトリで下記コマンドを実行して先に作成したコントローラファイルを開く。

      $ vi app/Http/Controllers/HelloController.php
      
    3. 開いたコントローラファイルに下記のアクションを追記する。

      feature_test/app/Http/Controllers/HelloController.php
          public function index()
      {
          return view('hello/index');
      }
      
    4. 追記後のコントローラファイルの内容を下記に記載する。

      feature_test/test/Http/Controllers/HelloController.php
      <?php
      
      namespace App\Http\Controllers;
      
      use Illuminate\Http\Request;
      
      class HelloController extends Controller
      {
          public function index()
          {
              return view('hello/index');
          }
      }
      
  4. ビューファイルの作成と記載

    1. feature_testディレクトリで下記コマンドを実行してビューファイルを格納するディレクトリを作成する。

      $ mkdir resources/views/hello
      
    2. feature_testディレクトリで下記コマンドを実行してビューファイルを作成する。

      $ vi resources/views/hello/index.blade.php
      
    3. 開いたファイルに下記の内容を記載する。

      resources/views/hello/index.blade.php
      <h1>hello japan!</h1>
      
    4. feature_testディレクトリで下記コマンドを実行してローカルサーバを起動する。

      $ php artisan serve
      
    5. 下記にアクセスして「Hello japan!」の文字が表示されていることを確認する。

  5. テストコードの作成と記載

    1. feature_testディレクトリで下記コマンドを実行してテストコード用のファイルを作成する。

      $ php artisan make:test HelloIndexPageTest
      
    2. feature_testディレクトリで下記コマンドを実行して先に作成したテストコードファイルを開く。

      $ vi tests/Feature/HelloIndexPageTest.php
      
    3. 開いたテストコードファイルを下記の様に追記・修正をする。

      feature_test/tests/Feature/HelloIndexPageTest.php
      <?php
      
      namespace Tests\Feature;
      
      use Illuminate\Foundation\Testing\RefreshDatabase;
      use Illuminate\Foundation\Testing\WithFaker;
      use Tests\TestCase;
      
      class HelloIndexPageTest extends TestCase
      {
          /**
           * A basic feature test example.
           *
           * @return void
           */
          public function testStatusCode()
          {
              $response = $this->get('/hello');
      
              $response->assertStatus(200);
          }
      
          public function testBody()
          {
              $response = $this->get('/hello');
      
              $response->assertSeeText('hello japan!');
          }
      }
      
  6. テストの実行

    1. feature_testディレクトリで下記コマンドを実行してテストを実行する。

      $ vendor/bin/phpunit tests/Feature/HelloIndexPageTest.php
      
    2. 下記の様に出力されればテストは完了であり、当該ページはテスト条件を満たしている。

      OK (2 tests, 2 assertions)
      

参考文献

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
2