Help us understand the problem. What is going on with this article?

Node-RED(IBM Cloud) + Google home + IFTTT だけで音声会話が可能?

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

2017年 Node-RED Advent Calendarの14日目の記事です。

タイトルからして不穏な感じで申し訳ありません。初投稿かつNode-RED初心者なのですが、検証中のところで時間切れとなり、途中結果のご報告となります。


実施したいこと

Google home に話しかける
→ IFTTT(Google Assistant + Webhooks)   
 → IBM Cloud(Node-red) 
  → google-home-notifier(PC) 
   → Google Homeがしゃべる

可能ならば、その後でWatsonのAPI等を用いて、機能を拡張して行きたい。

実施できたこと

Node-REDでデータを受け取るところまで。(後述)

現時点での知見として、そもそもGoogle HomeとIFTTTを連携させる部分が難しい。
特定のワード(”Twitter”や”Line”等)はそれなりに音声認識して連携できるが、それ以外の単語はほぼ不可能だった。

また、Twitter等のワードに続けて話をしても、タイミングの問題なのか、

「OK, Google Twitterでテストを実行して」 

という会話(IFTTT連携ワード:Twitterで)も、Google Home上でうまく認識できないことが多い。
さらに、IFTTT(Webhooks)→ Node-REDについても、文字の欠落が発生する場合がある。

1. IFTTTでの手順(簡略版)

Google Assistant 部分は省略

Webhooksについては
Using Google Home, IFTTT and Watson IoT Platform

を参考にして、Webhooks(Make a web request)の、
Content Type (optional) はapplication/x-www-form-urlencoded を選択
Body (optional) は、{{TextField}} と入力後、Applet作成

2. Node-RED(IBM Cloud)の手順

2−1 IBM Cloud(無償)のアカウント作成  すでに利用中の場合は2-2へ
https://www.ibm.com/cloud-computing/jp/ja/bluemix/lite-account/

2-2 ダッシュボード画面の左上隅のボタンから、メニューを開いてIoTを選択し、IoT サービスの作成 を行う

2-3 左側メニューから、ボイラーテンプレートを選択後、Node-RED Starter をクリック

2-4 Cloud Foundry アプリの作成 画面にて必要な情報を入力し、アプリ作成
注記1) 上記2-1 のサイトで、無償利用の場合は地域に「米国南部」を選択する必要があると記載されています(2017/12/13時点)
注記2) アプリ名は、URLの一部として使用されるため、英大文字等の利用は注意
また、アプリ名は全ユーザで共有されるようで、メジャーなワードは使用不可

2-5 Node-REDの編集
作成したアプリが実行中(緑色)になったら アプリURLをクリック (実行中になるまで5分程度必要)

プラウザ上でSecure your Node-RED editorが起動するので
アカウントを入力、 node-red-dashboard を選択して Finish

Node-RED on IBM Bluemix が表示される
Go to your Node-RED flow editer ボタン押下

3 検証手順(途中)

Google Homeに、「OK,Google Twitter テスト」 と話しかけると、Node-RED上では以下のように表示される

スクリーンショット 2017-12-13 20.23.07.png


さいごに

PCとGoogle Homeの連携は事前に確認していたので、もう少しのような気もしますが、まだハマりどころがありそうです。
中途半端な内容で大変恐縮ですが、ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした