前回はそもそもOpenShiftとは何かを調べてみました。その中でOpenShift OriginがOSSプロダクトという立ち位置ということを確認することができましたので実際に構築してみようと思います。

下準備

OpenShift Originを動かすために以下を導入します。
前提条件となる準備は以下のページを参考にしています。
https://docs.openshift.org/latest/minishift/getting-started/installing.html

・ハイパーバイザ: Hyper-V
・ホストOS: Windows10 Pro 64bit)
・ゲストOS: CentOS 7系
・Originをローカル環境で動かすのに必要なツール: MiniShift

ハイパーバイザ導入

ここではHyper-Vを利用します。

起動します。
Windows10 Proに初めから入っていました。
image.png
仮想スイッチマネージャを選択

image.png
仮想スイッチの作成を押下

image.png
名前を入力後 OKを押下

image.png
はいを押下

ゲストOS導入

CentOSを以下からダウンロード
http://ftp.riken.jp/Linux/centos/7/isos/x86_64/
ここでは「CentOS-7-x86_64-Minimal-1708」を利用します。

image.png
新規⇒仮想マシンを選択

image.png
ウィザード開始、名前を入力して次へ

image.png
第一世代を選択

image.png
メモリを割り当て
ここでは4GB程度としています。

image.png
前述の仮想スイッチを選択

image.png
仮想ハードディスクを作成

image.png
ダウンロードしたCentOSを選択

image.png
要約を確認し完了を押下

image.png
起動を選択し起動後に接続を選択

image.png
CentOSをウィザードに沿ってインストールします

image.png
日本語を選択し続行

image.png
インストール先を選択

image.png
ローカル標準ディスクを選択し完了

image.png
ネットワークホスト名を選択

image.png
ネットワークとホスト名を選択

image.png
eth0をオンにして完了

image.png
インストールの開始を押下

image.png
rootパスワード、ユーザ作成を人で行う

image.png
インストール完了後、再起動

image.png
再起動完了しログイン画面が表示されます


今日はここまで次回はMiniShiftを導入していこうと思います。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.