Edited at

OpenShiftの提供サービス

More than 1 year has passed since last update.

OpenShiftはいくつかのサービスを提供しており、それぞれ想定している利用ケースや対象者が異なっています。それらの概要を把握したうえで、さらにOpenShiftOriginについても調べてみようと思います。


そもそも OpenShift って何?

OpenShift は Makara というクラウド配信・管理・監視ツールがベースとなっていて、MakaraはRedhat社が2010年に買収したものだそうです。

JBossをAPサーバに内包しておりJavaEEに対応しているのが特徴。

複数の開発言語、開発フレームワーク、データベースに対応し、コマンドライン、ウェブインターフェースを利用し利用/管理が可能になっています。

image.png

アプリケーションの開発や実行環境を提供するだけではなく、開発やリリースのスピードアップを実現するための機能も提供しているそうです。

OpenShiftは以下のサービスを提供しています。

・OpenShift Origin : OSS版ツール

・OpenShift Enterprise : RedHat社サポートによる企業向け版ツール

・OpenShift Online : PaaS(公共向け)

・OpenShift Dedicated : PaaS(一社向け)

image.png

データセンター内利用や企業向けのプライベートクラウドの環境構築向けのものとして提供しているようです。


OpenShift Origin

上記のOpenShiftサービス群の一つでOSSの OpenShift Origin を利用することでPaaS環境のプライベートクラウドを構築することができるようです。また開発リポジトリについてはGithubにて公開されているそうです。

image.png

https://www.openshift.org/

どうもここからOpenShift Origin の最新版をダウンロードできそうなので次回は実際に導入してみようと思います。