Help us understand the problem. What is going on with this article?

Googleスライド+iMovieでコマ送り的な動画を作ってみた

概要

Googleスライド+iMovieでコマ送り的な動画を作る方法です。
手軽にサクッと作りたい人向けです😸

対象者でない人

Adobe Premiereなど高機能な動画編集ソフトを持ってる人
-> ガンガン編集しましょう。確か作成後1ヶ月無料とかもあったのでそれ使うのもいいかも。
Microsoft PowerPointを持ってる人
-> ムービー作成機能があります。プレゼンテーションの設定で切り替え速度なども変更できます。
・他に良いフリー動画編集ソフトを知ってる人
-> 教えてください。笑

対象者

・今あるソフトで手軽に動画編集したい人
・Googleスライドが既に存在していてそれを動画にしたい人

手順

1. Googleスライドでコマとなる素材や字幕を作る

こんな感じです。
スクリーンショット 2019-07-29 22.17.06.png

iMovieの文字入れ機能は貧弱なのでこの時点で字幕を作っておくのが良いです。

2. PNGファイルにエクスポートする

ファイル > 形式を指定してダウンロード > PNG画像 でファイル出力します。
残念ならが1枚ずつしかできないので、ショートカットキーを駆使しながら出力していきます。
解像度を気にしなければPDFで出力してiMovieでコマをカットする方法もあります。
スクリーンショット 2019-07-29 22.17.14.png

3. iMovieで読み込んで編集する

MacならデフォルトでiMovieは入っています。
スクリーンショット 2019-07-29 22.14.39.png

左上の 下矢印ボタン で出力したPNGファイルを読み込みます。
スクリーンショット 2019-07-29 22.24.26.png

あとはドラッグ&ドロップで下のトラックにいい感じに並べていきます。

注意したいのが、iMovieは映像が2トラック、音声が1トラックしか追加できません。。😖
(それ以上追加しようとしても上書きされます)

完了したら右上の 共有ボタン > ファイル でファイルに保存できます。
スクリーンショット 2019-07-29 22.34.47.png

完成〜!

作成した動画

上記の方法で作った動画です。
替え歌の映像として載せました😇楽しかったです。笑


スライド:https://speakerdeck.com/mgmgmgmi/enziniafalseri-chang

おしまい。

追記:掲載ありがとうございます!
【Programming News】Qiitaまとめ記事 Weekly August 1st week, 2019 Vol.3 - Qiita

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away