Android

Androidで署名付きapkを作成する

More than 1 year has passed since last update.

今更なんですが、最近Androidを始めたのと既存のKeyStoreの場合にどうするかちょっと迷ってしまったので、個人的なメモとして残しておきます。

環境

  • Mac : MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)
  • OS : 10.12.6
  • Android Studio : 2.3.3 (すいません3.0ではないです><)

ユースケース

  1. 新規で作成
  2. 既存ので作成

手順

1. 新規で作成する場合

メニューから Build -> Build APK を選択する

スクリーンショット 2017-11-01 12.50.31.png

下記のWindowが表示される

スクリーンショット 2017-11-01 12.50.55.png

Create new... を選択する

スクリーンショット 2017-11-01 12.50.55.png

Generate Signed APK という別Windowが開かれます

スクリーンショット 2017-11-01 15.17.22.png

設定する項目

  • Key store path
    • key storeの保存場所
  • Password(Confirm)
    • Key storeのPassword(以降でてくるkeyのPasswordとは別物)
  • KeyのAlias
    • 任意のラベル(わかり易い名前で)
  • Password(Confirm)
    • KeyのPassword
  • Certificate
    • 証明書の情報(Nameだけ入力すればとりあえず動きます)

OK を押下すると設定が反映される

スクリーンショット 2017-11-01 14.46.06.png

Next を押下すると以下に遷移する

スクリーンショット 2017-11-01 14.49.13.png

設定項目

  • APK Destination Folder
    • apkが格納されるDirectory
  • Build Type
    • 該当のも
  • Flavors
    • 該当のもの
  • Signature Versions
    • 両方ともにチェックを入れる(詳しくはこちら

Finish を押下、設定している項目が正しければ、apkのビルドが始まります

2. 既存のKeyStoreで作成する場合

メニューから Build -> Build APK を選択する

ここまでは一緒です

Choose existing... を押下する

スクリーンショット 2017-11-01 12.50.55.png

  • Key store path
    • 既に作成した、もしくはメンバーが既に作成した拡張子 .jks ファイルのpathを選択します
  • Key store path
    • 既存のKey storeのPasswordを入力します
  • Key alias
    • Passwordを入力すると ... 押下で設定されているエイリアスが選択できるようになります(Passwordがあっていれば)
  • Key password
    • Keyに設定されているPasswordを入力します

Next 以降は新規作成と手順が一緒です

注意点

アプリ公開用のKey storeをなくしてしまうと、新たにPackage Nameを変更する必要があり、別アプリ扱いにしないといけないので管理には注意です。

最後に

既存のKey Storeを扱う際にGUI的に迷ってしまったのでメモしました。今年のGoole I/OではGoogle Play App Signingというものが発表されたようです。

:paperclip: Refs