Help us understand the problem. What is going on with this article?

意識高くないエンジニア入門

More than 5 years have passed since last update.

意識高い系って奴らいますよね。

まあ、自分は意識高くないので、どうでもよいですけどw

意識高く無いエンジニアとして生きていく戦略のポエムです。

好きなことを好きなペースで

今まで、いろんなスタートアップ(昔はベンチャー企業って言ったのにね)の会社の話を聞いていると、
「今はがんばりどころなので、開発負荷が高い」
「今がんばれば、業界でトップになれる」
「今がんばれば、市場を押さえられる」
と、「今がんばれば」なんていうフレーズを聞き飽きてます。正直。

今がんばって、後から力を抜けるのであれば良いけど、多分そんなことは無い。

だって、進化のないシステムやサービスって、陳腐化して廃れるだけだもの

なので、好きなことを好きなペースで行える環境こそが、エンジニアにとって天国なのかもしれない。

最先端の弐番手を追いかけて

最先端って追従している人いますよね。お疲れ様です。頑張って下さい(他人事w)

最先端の技術って、一見カッコイイように見えるけど、実は非常にリスキーかつ体力がいる行為です。

昔と違って、雨後の竹の子というか、無数に「新技術」というモノが生まれては廃れているこのIT業界。
最先端を全部追いかけている暇があったら、ひとつのことに専念した方が良いし、
その最先端の技術が3年後、5年後、10年後にいくつ生き残っているかどうか。。。

まあ、一番良いのは最先端の弐番目あたりを追いかける心構え。
最先端の技術で問題があったり、未成熟だったり、文献が少なかった部分がある程度洗練された状態が、
弐番目の技術。
Google先生で、某C社のブログ以外の日本語のブログが作成されたり、Qiitaで解説や入門の記事が3本以上アップされた時点が弐番目。

そういう技術をしっかりと検証や導入検討が出来るエンジニアが一番良いと思います。

休む時は休む

勉強会とかカンファレンスとかって、土日や平日夜間が多いですよね。

でも、疲れません?

休むときはしっかり休もうよ!と、言いたい訳です。

なので、勉強会はなるべく平日に開催して欲しいのが本音だったり、
あと似たようなジャンルの勉強会は、同じ日に開催してほしくなかったり。

平日、稼働しているんだから、土日祝日はしっかり休みたい。
深夜作業があるなら、その前の昼間は休養を取りたい。その後は寝たい。

そんな感じw

まあ、スタートアップで頑張るのも、最先端の技術を追いかけるのも、土日も働くのも
その人本人の自由ですが、それをやりたくないエンジニアもいることだけは忘れないでくださいな。

自分は、後者のエンジニアですが、何か?

mesaka
元フリーランス的なLAMPの受託開発をメインに仕事をしていた個人事業主(法人化済み)のエンジニア。PHPが好き。Javaも出来る。AWSとかラズパイとか、新しモノ好き。でも、最近自分の会社を辞めて、正社員として就職しました。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away