Edited at

どこまでショボいアプリがAppleの審査に通るのか試してみた


背景

2018年末、出張帰りの飛行機で急に思いつく。

「そうだ、二つ名を表示するアプリって楽しくないかな?」

「でも、機能が少ないアプリはApple審査通らないしな・・・」

「まあ試してみよう」


作ってみた

という事で、Xamarinでサクッと実装。

「AAAなBBB」と言った感じの二つ名を出すために、AAA用のリストとBBB用のリストを作って、

ランダムで表示するようにする。文字列は思いつく限りで書き出す。

・・・よし、組み合わせで2500通り以上にはなったので、まあいいかな。

IMG_0607.PNG

うん、シンプル好きな自分にとっては、まあ良い気がする。

メインの機能実装よりも、SNS系の連携調べて実装したり、Firebase(Analytics, Admob)周りが初挑戦で時間がかかった。

Admob入れたのは、よくゲームとかにある全面広告をやってみたかったので。

#やった結果、友人に不評だったので見せ方を修正する予定・・・


審査出してみる

アイコンは知り合いにお願いして1日で作ってもらい、アプリの説明も適当に書く。

審査待ってる間に、アプリ説明用の4コマ漫画も書いてみてアプリから遷移できるようにしておく。

さて結果は・・・


Reject!

IMG_0579.jpg

意訳すると「明確な指標はないけど、こんな機能少なすぎるアプリはAppleは許しません」という感じ。

ムムム・・・どうするか。


作ってみた2

じゃあ必殺技も表示してみよう。そして履歴も表示できるようにしてみる。

作りは二つ名と同じ感じ。必殺技はちょっと無理のある仕上がり・・・?

IMG_0630.PNG

IMG_0631.PNG

ここで気づく。

このアプリは「二つ名メーカー」という名前で作っていた・・・が、もはや二つ名メーカーではなくなってしまった。

どうしよう・・・もうなんでもいいから厨二病っぽくしよう。

Google翻訳で入力、「永遠の輝き」 → 「Eternal Glow」

image.png

よし、採用。アプリ名は「Eternal Glow」に変更。

Appleのアプリ説明も適当に修正して再度申請。

ヤベェ、イカした説明文できたわ。


審査出してみる2


通った!

自分でもびっくり。


結論

以下のアプリはNG

・二つ名をランダムで1個表示する

以下のアプリはOK

・二つ名か必殺技をランダムで1個表示する

・表示した履歴が見れる(選択も出来る)

リリースしたアプリは以下。

4回実行すると広告出るので嫌な人は、3回実行した後にアプリ終了してください。

iOS版:https://itunes.apple.com/jp/app/eternal-glow/id1448009669?l=ja&ls=1&mt=8

Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.megyo.chu2name&hl=ja


おまけ

何も考えずに作りだしたので、Xamarinのプロジェクト名を日本語にしちゃいました。

image.png

しかも、プロジェクト名は「二つ名」じゃなくて「通り名」・・・

このままでiOSのアプリを発行すると、「通り名メーカー.ipa」というファイルになるのですが、これをApplication Loaderでアップしようとするとエラーになりました。

ipaのファイル名だけ英数字に変えれば通りました。


追記 2019.01.07

調子に乗って「ラッキーカラー」「ラッキースポット」もランダムで表示できるようにしました

Android版はリリース済み、iOS版は審査中です

もうこれでショボくないアプリですね




追記 2019.01.11

もう少しだけ続編です

続:どこまでショボいアプリがAppleの審査に通るのか試してみた


追記 2019.04.15

物語は終局へ・・・

終:どこまでショボいアプリがAppleの審査に通るのか試してみた