Help us understand the problem. What is going on with this article?

Rack::Request#hostがX-Forwarded-Hostの最後のプロキシホストを返す理由

More than 5 years have passed since last update.
client ---> proxy1 ---> proxy2 ---> rails app
※ proxy1/2はX-Forwarded-Host設定

上記のような環境ではrailsにX-Forwarded-Hostで"proxy1, proxy2"なリクエストが届く。
railsでrequest.hostするとproxy2のホスト名が返される。

1.6.0.alphaの該当ソースでは以下のようになっていてX-Forwarded-Hostの最後をとってくるようになっている。
なぜ最後を返してくるのか、最初では駄目なのかを調べてみた。

    def host
      # Remove port number.
      host_with_port.to_s.sub(/:\d+\z/, '')
    end

    def host_with_port
      if forwarded = @env["HTTP_X_FORWARDED_HOST"]
        forwarded.split(/,\s?/).last
      else
        @env['HTTP_HOST'] || "#{@env['SERVER_NAME'] || @env['SERVER_ADDR']}:#{@env['SERVER_PORT']}"
      end
    end

調べた結果

同じような質問があったので追ってみると該当箇所の修正を行ったチケットを見つけた。

チケットの内容としてはActionController::Base::redirect_toでX-Forwarded-Hostが複数あるとうまくいかないのを最後のを取得することで対応したというものみたい。
最初のではなく最後のを取るようにしたのはリダイレクトする先は最後のプロキシのホストが適切だと判断したためのよう。

納得したけどclientがリクエストしてきたホストを取りたい場合にはRack::Request#hostは使えないということかな、、、

mechamogera
https://github.com/mechamogera/MyTips/wiki で技術メモを登録してましたが使いやすそうなので引っ越してみました。 保有資格:CSM、EXIN Agile Scrum Foundation、AWS認定ソリューションアーキテクトプロフェッショナル、Ruby技術者認定試験Silver/Gold、SJC-P/SJC-D、ソフトウェア開発技術者、基本情報技術者
https://github.com/mechamogera/MyTips/wiki
jrits
信頼と魅力のある先進のITをもとに、お客様のワークスタイル・イノベーションの実現を目指します。
http://www.jrits.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした