Help us understand the problem. What is going on with this article?

これまで記事にしたAI実装の近況まとめ@202004

以前に書いた記事の情報が古くなっているので下記についてここ最近の状況をまとめます。

AI初心者がOpenPoseのモバイル実装に取り組んだ話

軽量な姿勢推定についての需要があるとのことでIntelの方から論文が出ており、その実装がOpenCVの再トレーニング可能なモデルとして公開しています。
また、モバイル用途にしては珍しく精度について記載があります。
Real-time 2D Multi-Person Pose Estimation on CPU: Lightweight OpenPose

参考までに精度はAP40行かない程度です。
また、初期のOpenPoseですがAP61.8
2018年公開の論文(v1.5)ではAP64.2
となっています。

試しにCoreMLに変換を試したところ一応動作しましたのでサンプルコードを公開しています。
issueにも一応報告しました。

あとは、C++の実装もありますので高速に動かせると思います。

PoseNetをマルチプラットフォームで実装してみた

iOSではApple公式のPoseNetが公開となりました。
Detecting Human Body Poses in an Image
本家が出てくるとお試しで書いた私のコードはお役御免ですね^^:

追記(2020/05/22)

本当に書いてあった。びっくりした。
きっと使える部分を参考にしたのでしょうね。
LICENCE

手認識が実用レベルに到達した件

HandTrackingですが、MediaPipeがベータ版ということで扱いが良くなかったのですがTendorFlow.jsで公開となったそうです。
今から試す方はhandposeを利用するのが良さそうです。

以上。近況についてのまとめになります。
お役に立てば幸いです。

mbotsu
転職歴: 調理師 -> WEBエンジニア -> ゲームエンジニア -> R&D 現在はAI/IoT/xRと浅く広く活動
https://twitter.com/mb_otsu
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away