Android
環境構築
AndroidStudio
android開発

AndroidStudio3.3 環境構築メモ

Android Studioの環境構築手順メモ。

尚、各ツールや用語等の説明はありません。

本当にただ構築するためだけのメモ。


前提

・初回インストール

・バージョンは3.3

・OSはWin10


Android Studio環境構築手順


1.インストーラをDL

公式からDLする。


2.事前準備

1でDLしたインストーラを実行……する前に、

VT-xを有効にする


理由としては、後工程において

Intel x86 Emulator Accelerator(HAXM installer)を正しくインストールするため。

通常であればVT-xが無効化されているとHAXMのインストールに失敗するのだが、

何故か無効化していても不完全にインストールされてしまう模様。

不完全にHAXMをインストールすると、AVD実行時に以下のログが出力されて失敗する。

emulator: ERROR: x86 emulation currently requires hardware acceleration!

その場合はHAXMをアンインストール&再インストールすることになる。


3.インストール

1でDLしたインストーラを実行する。

コンポーネントの選択画面が出たら、

Android Virtual Deviceにもチェックを入れる


後は全部デフォルトのまま、画面の流れ通りにNextとInstallを押していく。


4.初期設定

インストールが終わったら、

Android Studioを起動する。

初回起動時は、設定のインポート画面が表示される。

デフォルトの「Do not import settings」を選択して

OKを押下すると、セットアップウィザードが表示される。

再びデフォルトのまま、画面の流れに沿ってNextとInstallを押していく。


5.初期設定終了

コンポーネントのDL完了画面でFinishを押下すると、

ウェルカム画面が表示される。

これで初期設定は終了。


6.SDKを追加DL

以下手順により、SDK PlatformとSDK Toolsを追加DLする。


6-1.SDK Manager起動

ウェルカム画面右下のConfigureをクリック。

開いたメニューからSDK Managerを選択して開く。


6-2.DLするSDK Platformを選択

SDK Platformタブを開いた状態で、

右下のShow Package Detailsにチェックを入れる。

使用したいAPIレベルの以下のチェックボックスを選択する。

・Android SDK Platform

・Sources for Android

・Google APIs Intel x86 Atom System Image

例)APIレベル26-APIレベル28を使用したい場合

20190120_01.png

20190120_02.png


6-3.DLするSDK Toolsを選択

次はSDK Toolsタブを開き、

右下のShow Package Detailsにチェックを入れる。

以下のチェックボックスを選択する。

・Android SDK Build-Tools

・Android Emulator

・Android SDK Platform-Tools

・Android SDK Tools

・Intel x86 Emulator Accelerator(HAXM installer)

・ConstraintLayout for Android

・Solver for ConstraintLayout

・Android Support Repository

・Google Repository


6-4.DL

OKを押下すると、DLが開始する。


7.終了

環境構築は以上で終了。

初回ビルドは時間がかかるため、動作確認はお時間がある時にでも。

お疲れさまでした。