Help us understand the problem. What is going on with this article?

PHP学習まとめ2~データ型、条件分岐、繰り返し処理~

データの型

データは主に以下のような型がある。

  • 文字列:string
  • 数値:int
  • 浮動小数:float
  • NULL:null
  • 真偽値:true/false
  • 配列:array

var_dump(変数)で変数の型を表示することができる。
変数 = (型)'~~' で型を指定(変換)して代入もできる。

$name = (string)'mizuno';
// $nameという変数に'mizuno'という文字列をstring型で代入

 

条件分岐

if、switch、for、while文

ifやswitch、for、whileはブロックの形で表記。
※最後にセミコロン;は要らないので注意⚠️

if ($number === 1 || $number === 2) {
  echo 'number は 1 または 2 です。' . PHP_EOL;
} else {
  echo 'number は 1 でも 2 でもありません。' . PHP_EOL;
}

switch ($number) {
  case 1: //比較する値と:(コロン)を書く
  case 2:
    echo 'number は 1 または 2 です。' . PHP_EOL;
    break;
  default:
    echo 'number は 1 でも 2 でもありません。' . PHP_EOL;
}

ifとswitchの違い
ifはAじゃなかったらB、BでもなかったらC、のように順番に処理。
条件式に不等号も使える。
switchはifでいう条件式が、number === 1だったらコレとか、number === 2だったらコレと
断定できる条件が複数ある場合に、ちょうどスイッチの切り替えのように使用する条件分岐。
(Rubyでいうif case whenみたいな使い方か?)
またswitchの場合、caseとマッチした時に実行されるのは
「switchの終わり、または最初にbreak;が出てくるまで」処理が実行される。

繰り返し処理

単純な繰り返し処理にはfor文

for($i=1; $i<=10; $i++) {
  // 〜処理内容〜を$iが10以下になるまで繰り返す
}

 
繰り返し処理回数を可変的にするならwhile文を使う。
while文は条件を満たしている間は繰り返す為、無限ループにならないよう終了条件の書き方に注意⚠️

$i = 10
while ($i > 0) {
  // 〜処理〜
  $i -= 1
}

 
条件が最初から満たしていない場合(例:$i = 0など)処理が実行されないので、
とりあえず1回は処理を行い、条件次第で実行する場合は以下のような書き方もできる。

do {
  // 〜処理〜
  $i -= 1
} while ($i > 0);  // ※最後にセミコロンを使う

<ループ処理中にスキップ、停止する方法>
スキップ:continue;
停止:break;

matyareo-matyarei
柔整鍼灸の資格を持ち、治療家歴10年以上。 治療院業界のサービスを一新するためにもIT技術の世界へ飛び込みたいと思い、 2020年9月〜エンジニア転職を目指し、テックキャンププログラミングスクール学習をスタート。 学習のまとめをアウトプットしていく予定。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away