backlog
rambox

Rambox のタブに Backlog を追加して、未読数を表示する

More than 1 year has passed since last update.

Rambox とは

http://rambox.pro/

複数のチャットサービスやメールサービスなどを、タブ管理して一つにまとめられるアプリ。同様のアプリに Franz もありますが、Franz よりも独自URLの追加が簡単だったので私は最近 Rambox に乗り換えました。

rambox screenshot

Rambox に Backlog を追加して、タブに未読数を表示する

まずタブにBacklogを追加。サービスを追加するところで _Custom Service を選び、対象となるURLを追加するだけです。簡単。

タブに未読数を表示するには、追加したBacklogタブの設定 → AdvancedCustom Code のところに、以下のスクリプトを貼り付けます。

function checkUnread() {
    const e = document.getElementsByClassName('badge--notification');
    updateBadge(e[0].innerHTML.trim());
}

function updateBadge(e) {
    document.title = ( e ? `(${e}) ` : '' ) + originalTitle
}

const originalTitle = document.title;
setInterval(checkUnread, 3000);

スクリーンショット_2017-09-25_11_21_25.png

以上です。

補足

  • 参考にしたのはオフィシャルの wiki のこのへん
    Add a Custom Service · saenzramiro/rambox Wiki
  • とりあえず document.title に (n) タイトル の形で数字を入れると、タブに反映されるようです。
  • 未読数の数字ではなく、丸印をつけたいだけなら (•) タイトル と入れるといいっぽい