Help us understand the problem. What is going on with this article?

AR.js studio でロケーションベースARを作成してみた

AR.js studioなるものを見つけたので、前回に引き続き、試してみようと思います。
今回はロケーションベースARです。

使い方

Step1

ロケーションベースを選択します。
loc1.png

Step2

  • 緯度経度を入力するか、地図をクリックして表示位置を入力します。
  • 表示したい画像をアップロードします。
  • Githubにパブリッシュするか、プロジェクトをzipでダウンロードします。 loc2.png

動作確認

表示されました。
が、表示位置が安定しません。
loc_min.gif
デバイスのセンサー精度や通信環境にもよるのかもしれないですが、これだけ表示位置が定まらないと使い方に工夫がいりそうです。

まとめ

AR.js studioでロケーションベースARを作ってみました。
簡単に作れましたが、表示位置が安定しないので、用途を選びそうです。

現状のAR.js studioだけで完結できるケースはあまりないかもしれないですが、大枠のコードを作ってもらって、あとは自分で書くものだと思えば便利かもしれません。
まだアルファ版という事なので、期待して正式リリースを待ちたいと思います。

matsukatsu
フロントエンドに興味があるエンジニア
cloudpack
Amazon Web Services (AWS) の導入設計、環境構築、運用・保守をサポートするマネジドホスティングサービス
https://cloudpack.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした