Help us understand the problem. What is going on with this article?

Sublime Text2,3のDropbox, Gitを使った同期の方法

More than 5 years have passed since last update.

まとめ

win,mac,unix共に公式にある方法がベストなのでそちらを見るべし。

(2014/5/18時点での)公式のまとめ

注意

同期させる際にはPackages/, Installed Packages/をそのまま同期させるべきではない。パッケージによってはOSごとに異なるバージョンをインストールすることがあるからだ。上記のフォルダをそのまま同期させると、パッケージが正しく認識されない可能性がある。

適切な同期の方法はPackages/User/フォルダを同期させることだ。このフォルダにあるPackage Control.sublime-settingsには今までインストールしたパッケージの一覧が記述されている。このファイルが異なる端末にコピーされた状態でSublime Textを起動させると、(未インストール状態のパッケージについて)正しいバージョンをインストールするようになっている。

Dropbox

win,macともにSublime Text2の場合は下記の3を2に変更するだけで動く。

どちらもDropbox上にSublimeというディレクトリを作成し、SublimeのUserフォルダを移動させ、シンボリックリンクを元の場所に張る方法。

windows(vista以降)の場合

cd "$env:appdata\Sublime Text 3\Packages\"
mkdir $env:userprofile\Dropbox\Sublime
mv User $env:userprofile\Dropbox\Sublime\
cmd /c mklink /D User $env:userprofile\Dropbox\Sublime\User```

mac(OSX)の場合

cd ~/Library/Application\ Support/Sublime\ Text\ 3/Packages/
mkdir ~/Dropbox/Sublime
mv User ~/Dropbox/Sublime/
ln -s ~/Dropbox/Sublime/User

別の端末でも同じようにDropbox側のUserを参照するシンボリックリンクを貼ればOK

Git

基本的にはPackages/User/を管理すれば良いが、以下の方法でやると Githubの公開リポジトリを利用している場合 、商用パッケージなどのライセンスキーが公開される場合があるので注意 (プライベートリポジトリであらえば問題ない。)

以下のファイルは特に同期する必要が無いので、.gitignoreで無視する設定にすると良い。

Package Control.last-run
Package Control.ca-list
Package Control.ca-bundle
Package Control.system-ca-bundle
Package Control.cache/
Package Control.ca-certs/
folio-sec
誰もがかんたんに資産運用することができるサービス「フォリオ」を作っているFinTech系スタートアップ
https://corp.folio-sec.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした