Edited at

Sublime Text2,3のDropbox, Gitを使った同期の方法

More than 3 years have passed since last update.


まとめ

win,mac,unix共に公式にある方法がベストなのでそちらを見るべし。


(2014/5/18時点での)公式のまとめ


注意


同期させる際にはPackages/, Installed Packages/をそのまま同期させるべきではない。パッケージによってはOSごとに異なるバージョンをインストールすることがあるからだ。上記のフォルダをそのまま同期させると、パッケージが正しく認識されない可能性がある。

適切な同期の方法はPackages/User/フォルダを同期させることだ。このフォルダにあるPackage Control.sublime-settingsには今までインストールしたパッケージの一覧が記述されている。このファイルが異なる端末にコピーされた状態でSublime Textを起動させると、(未インストール状態のパッケージについて)正しいバージョンをインストールするようになっている。



Dropbox

win,macともにSublime Text2の場合は下記の3を2に変更するだけで動く。


どちらもDropbox上にSublimeというディレクトリを作成し、SublimeのUserフォルダを移動させ、シンボリックリンクを元の場所に張る方法。


windows(vista以降)の場合

cd "$env:appdata\Sublime Text 3\Packages\"

mkdir
$env:userprofile\Dropbox\Sublime
mv User
$env:userprofile\Dropbox\Sublime\
cmd /c mklink /D User
$env:userprofile\Dropbox\Sublime\User```


mac(OSX)の場合

cd ~/Library/Application\ Support/Sublime\ Text\ 3/Packages/

mkdir ~/Dropbox/Sublime
mv User ~/Dropbox/Sublime/
ln -s ~/Dropbox/Sublime/User

別の端末でも同じようにDropbox側のUserを参照するシンボリックリンクを貼ればOK


Git

基本的にはPackages/User/を管理すれば良いが、以下の方法でやると Githubの公開リポジトリを利用している場合 、商用パッケージなどのライセンスキーが公開される場合があるので注意 (プライベートリポジトリであらえば問題ない。)

以下のファイルは特に同期する必要が無いので、.gitignoreで無視する設定にすると良い。

Package Control.last-run

Package Control.ca-list
Package Control.ca-bundle
Package Control.system-ca-bundle
Package Control.cache/
Package Control.ca-certs/