Help us understand the problem. What is going on with this article?

【AWS】~/.ssh/configを使って、簡単にssh接続する

概要

AWSのサーバーにssh接続する際は、ご自身のディレクトリの配下に隠しファイル「.ssh」を作成し、その中にAWSの設定を書いておくと、毎回以下のようなものを書かなくて済みます。

Terminal
ssh -i /path/my-key-pair.pem ec2-user@ec2-198-51-100-1.compute-1.amazonaws.com

.sshディレクトリの作成と下準備

Terminal
# 作業したいディレクトリかどうかを確認してください
[~@~ your_dir]$ pwd

# ディレクトリを作成します
[~@~ your_dir]$ mkdir .ssh

# cd .ssh と同義。「!$」は、直前行った引数を指すので、今回は「.ssh」を指す
[~@~ .ssh]$ cd !$

# aws.key, configファイルを作成します
[~@~ .ssh]$ touch aws.key && touch config

aws.keyとconfigファイルの作成と設定

①ディレクトリ構成を確認します
②aws.keyに、ご自身がssh接続で使用しているpemファイルをコピペします
③configファイルに設定を書き込みます

①ディレクトリ構成を確認します

現状以下のようなファイル構成になっていると思います。

Terminal
[~@~ .ssh]$ ls -la
-rw-------  1 ~ ~ ~ ~月 ~ ~:~ aws.key
-rwxr-xr-x  1 ~ ~ ~ ~月 ~ ~:~ config

②aws.keyに、ご自身がssh接続で使用しているpemファイルをコピペします

ご自身がssh接続で使用しているpemファイルをコピーして、aws.keyに貼ってください。
「-----BEGIN RSA PRIVATE KEY-----」から「-----END RSA PRIVATE KEY-----」まで、すべて貼ってください。

.ssh/aws.key
-----BEGIN RSA PRIVATE KEY-----
MIIEpAIBAAKCAQEAhioJPY7kJGHQ1m5dR+
~~~~~~(中略)~~~~~~
-----END RSA PRIVATE KEY-----

③configファイルに設定を書き込みます

.ssh/config
StrictHostKeyChecking no
UserKnownHostsFile /dev/null
IdentityFile .ssh/aws.key
User ec2-user
Host <HOST名>
  Hostname <IPアドレス>

以下、記述例を記載してます。
・Host名を使用して、ssh接続します。なので、ご自分の好きな名前を設定してください。
・複数ある場合は、同じように設定していきます。

.ssh/config
StrictHostKeyChecking no
UserKnownHostsFile /dev/null
IdentityFile .ssh/aws.key
User ec2-user
Host live-web01
  Hostname 192.168.xxx.xx
Host live-web02
  Hostname 127.0.xxx.xx
Host live-batch
  Hostname 52.168.xxx.xx

ssh接続する

設定したので、ssh接続しましょう。

Terminal
# 作業ディレクトリにいることを確認してください。
[~@~ your_dir]$ pwd
your_dir

# ssh -F .ssh/config <Host名> で接続できます。上記で設定したlivew-web01に接続したい場合は、
[~@~ your_dir]$ ssh -F .ssh/config live-web01

これで、ssh接続が簡単になりました!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした