Edited at

VirtualBox上のLinuxゲストマシンにリモートデスクトップ接続する

More than 3 years have passed since last update.



  • ここで紹介する以外にも以下の方法が考えられます


    1. X11Forwarding + Xming

    2. tigervnc + VNCクライアント

    3. tigervnc + tigervnc-applet + ブラウザ

    4. tigervnc + xrdp + リモートデスクトップ



  • ゲストマシン上の個別のアプリケーションだけをホストOS側に表示するなら、1.で可能です


  • デスクトップ画面全体を表示するなら、2.、3.、4.、およびここで紹介する方法を採る必要があります




VirtualBox上のLinuxゲストマシンのデスクトップ画面にリモートアクセスしたい


モチベーション


  • VNCクライアントは諸事情で使えない

  • Windowsのリモートデスクトップを使ってLinuxゲストマシンにアクセスしたい


1. VirtualBoxの設定


  • リモートディスプレイを有効化する


    • ポートは"3389"から使用していない"13389"に変更する

    • ホストOSがWindowsの場合"3389"はリモートデスクトップで使用するポートで衝突する




2. リモートデスクトップ接続する


  • リモートデスクトップを起動して<ホストOSのIPアドレス>:13389を指定して接続する


3. 日本語入力できるようにする


  • 現状のままだと日本語入力することができないので、できるようにする



  • CentOSではインプットメソッド(IM)フレームワークとしてiBus(Intelligent Input Bus)を使用している


    • なお、iBusのほかにSCIM、UIMなどがある




3.1 iBusパッケージがインストールされているか確認

# rpm -qa | grep "^ibus" | sort

ibus-1.3.4-6.el6.x86_64
ibus-anthy-1.2.1-3.el6.x86_64
ibus-gtk-1.3.4-6.el6.x86_64
ibus-libs-1.3.4-6.el6.x86_64


3.2 iBusの初期設定

# ibus-setup 


  • iBusデーモンを起動する




  • インプットメソッドとして日本語Anthyを設定する








3.3 環境変数の設定とiBusデーモンの起動


  • iBus用の環境変数をセットする

# export GTK_IM_MODULE=ibus

# export XMODIFIERS="@im=ibus"
# export QT_IM_MODULE=ibus
# printenv | grep ibus
QT_IM_MODULE=ibus
XMODIFIERS=@im=ibus
GTK_IM_MODULE=ibus


  • iBusデーモンを起動する


    • -r: すでに起動中のデーモンを置き換える

    • -d: バックグランドで実行

    • -x: ximサーバを実行。ximはX Window Systemの各国語入力用のプロトコル



# ibus-daemon -rdx


  • 半角/全角キーで入力切替


3.4 環境変数のセットとiBusデーモンの起動を自動化する



  • ~/.bash_profileに以下追記する


~/.bash_profile

export QT_IM_MODULE=ibus

export XMODIFIERS="@im=ibus"
export GTK_IM_MODULE=ibus
ibus-daemon -rdx