Help us understand the problem. What is going on with this article?

grafana zabbixのdockerコンテナ起動

More than 3 years have passed since last update.

概要

grafana-zabbixを使って、zabbixのデータをgrafanaからみたい。
grafanaはdockerで起動したい。

結論

できた。

grafanaのコンテナに、grafana-zabbixをいれたものを作った。

気づいたこと

結構な部分が環境変数で設定ができる。

起動方法

まずは、データ永続化のためのディレクトリを作り、設定ファイルのサンプルを落とす。

mkdir grafana

docker run --name=grafanazabbix --rm=true -v $PWD/grafana:/var/lib/grafana -p 3000:3000 -e GF_SERVER_ROOT_URL=http://your.grafana.server:3000 -e GF_SECURITY_ADMIN_PASSWORD=password -e GF_AUTH_ANONYMOUS_ENABLED=true -ti manabuishii/docker-grafana-zabbix:0.2.0

grafanaの設定に関して

grafanaの設定に関しては、以下の記事(すごく助かりました)を参照。

grafana コンテナ

コンテナについては

grafana-zabbix

grafana-zabbixについて以下参照

細かい設定についても書いてある。

grafana コンテナでやりたいこと

grafanaのコンテナで、以下のことをやりたい。

  • ゲストユーザを許可する
  • データを永続化する
  • カスタマイズしたplugin.jsonを使う

ゲストユーザを許可する

グラフをみせたいので、許可する。
そんなときは

-e GF_AUTH_ANONYMOUS_ENABLED=true

データを永続化する

標準だとsqlite3を使うようで、そのデータはコンテナ内の /var/lib/grafana 以下に作られる。
そのためのディレクトリを

mkdir grafana

そのためのオプションは

-v $PWD/grafana:/var/lib/grafana

plugin の設定のためのファイルを指定する

plugin.jsonの中に設定を書いてコンテナ内と共有する

雛形をダウンロードする。
コンテナの中にあるものと同じ

wget https://raw.githubusercontent.com/manabuishii/docker-grafana-zabbix/master/plugin.json

編集をして、起動時に以下のオプションを渡す

-v $PWD/plugin.json:/usr/share/grafana/public/app/plugins/datasource/zabbix/plugin.json

作ったもの

github

hub.docker.com

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away