6
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

【Amazon RDS】PostgreSQLのTimezoneを変更する

はじめに

RDSのPostgreSQLのTimezoneはデフォルトでUTCになっています。以下は、TimezoneをAsia/Tokyoに変更する手順を説明しています。

変更手順

1)RDSダッシュボードの表示

まずは、AWSマネージメントコンソールにログインしてRDSを選択します。

2)パラメータグループを表示

RDSダッシュボードが表示されたら、左側のメニューからインスタンスを選択し、インスタンス左に表示される3つのタブから真ん中のDetailを選択します。構成の詳細画面が表示されるので、画面左側に表示されるパラメータグループ名のリンクをクリックします。
1.jpg

3)パラメータグループの編集

パラメータグループが表示されたら、変更するインスタンスが使用しているパラメータグループをクリックします。
2.jpg
パラメータグループが表示されたら、フィルタにTimezoneと入力します。表示されるパラメータが絞り込まれます。絞り込まれた一覧にTimezoneが表示されていたら、パラメータの編集ボタンをクリックします。
3.jpg

4)値の変更

パラメータの編集ボタンをクリックするとパラメータ値が編集可能になります。ここにAsia/Tokyoを入力し、変更の保存ボタンをクリックします。
4.jpg

5)設定の確認

設定が完了したら、正しく設定が行われているか確認します。

HOST=xxxxxxx.rds.amazonaws.com # RDSのエンドポイントを環境変数に保存
$ psql -h $HOST [ユーザ名]
ユーザ user のパスワード:xxxxx # パスワードを入力
・・・
user => show timezone; # timezoneの表示
Timezone
ーーーーーーー
Asia/Tokyo <− Asia/TokyoになっていればOK

user => select current_timestamp; # 現在日時の表示
now
ーーーーーーー
20xx-xx-xx xx:xx:xx.xxxxxxx+09 <− 現在日時が表示されていればOK

5.jpg

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
6
Help us understand the problem. What are the problem?