Help us understand the problem. What is going on with this article?

完全無料のプロジェクトツールを作ってみました。

More than 1 year has passed since last update.

Web業界で働く人向け Simplest Project Tool

完全無料のプロジェクトツール

現在のversion

β版 (2018年7月29日 最新版)

サイト

Simplest Project Tool

紹介

Firebase × JavaScript でプロジェクトツールを作りました。

一通り基本機能は実装したのでテスト版としてリリースしたいと思います。

正式版は 2019 年度に予定しており、そのままデータを引き継げる予定です。

ファイルは一番下からダウンロードしてよければ使ってみてください。

このツール自体は完全無料で利用できます!

またFirebaseを使用しているので、Firebaseの設定と連携が必要です。

設定と連携方法も下記から参照してください。

トップ画面イメージ

プロジェクト画面イメージ

他実装機能

・簡易ガントチャート

・スタッフメンバー紹介ページ

・簡易Wiki

※安定版に向けてはステータスと連動したガントチャートやWiki、Notificationの強化、全体的なデザイン改修を予定しており引き続き無料で利用できる予定です。

Firebaseの設定と連携方法

<設定が必要な項目>

Google有効化、ドメイン許可、Realtime Database、Storage

<手順>

Firebase へログインしたらプロジェクトを作成してください。

・作成が終わったら左タブの「開発」をクリックし、「Authentication」を表示する。

・ 「ログイン方法」にて「Google」を有効化

※プロジェクトツールへのログインはGoogleアカウントを使用しています。

・同一ページの「承認済みドメイン」にてアップ先のドメインを追加。

・「開発」タブの「Database」をクリックし、データベースを作成。

※テストモードで有効化。

・「Realtime Database」へ切り替えて、「ルール」タブの「read/write」を「true」に変更。

・「開発」タブの「Storage」をクリックし、「スタートガイド」で下記画面を表示しとく。

・ダウンロードしたファイルの app.〇〇.js にFirebase の情報をコピペする。

[コピー元]

Firebaseの左タブ「Project Overview」の「ウェブアプリに Firebase を追加」をクリックし、下記情報を表示。

[コピー先]

ダウロードしたファイルの「/static/js/app.〇〇.js/」の下記空欄になってる該当箇所にコピペ。

 設定は以上です、あとはファイルをアップするだけです。

免責事項 

このプロジェクトツールを利用して発生したいかなる損害にもこのプロジェクトツールの開発者は責任を負いません。

同意できる方のみ下記ダウンロードをお願い致します。

ダウンロード

免責事項を同意した方のみ下記よりプロジェクトツールをダウンロード出来ます。

ここからダウンロード


今回プロジェクトツールを初めて0から作ってみたのですが、色々思ったことがあるので次回はそれについて投稿しようと思います。

読んでいただきありがとうございました。

maeda-k
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした