Edited at

Sublime Textの自動保存で、Cmd+Sから解放される方法

More than 3 years have passed since last update.


まだ、COMMAND+Sとか押してんの?

もうね、時代は(っていつの時代?)、自動保存ですよ。。。

IntelliJ Ideaとかになれた体には、Command+Sとか面倒くさすぎ。


というわけで、Auto-Saveプラグインの紹介

リアルタイムで保存してくれるプラグインです。


インストール

Sublime Package Control から、「install」でプラグインリストを表示して、

「auto-save」を探してインストールして下さい。


インストール後は、キーバインドを有効にします。

「Preferences」->「Key Bindings - User」で次を追加

{ "keys": ["ctrl+shift+s"], "command": "auto_save" }


自動保存の有効無効の切り替え

「Ctrl + Shift + S」で有効・無効が切り替わります。

下部のメッセージ欄に状態が表示されます。

素敵なテキストエディタライフを!