USB
電子回路
IoT
電圧計
電流計

USB型パワーメーター(電圧計/電流計) CT-2 の使い方

Wio LTE 君の消費電力を実測するために USB 型の電圧/電流計を何個か買ってみたのですが、残念なことに電流が 30mA くらいを下回ると自動的に OFF になってしまったり、積算してくれないといった問題がありました。

そこで一念発起して探してみたら AVHzY 社の CT-2 という製品を Amazon.co.jp で見つけた (7777 円) のでレポートします

使ってる様子

まずは使ってる様子をご覧ください。2行目が電流ですが 100 μA までの単位まで取れています1
ct-2/ct-2

また PC に接続してデータを見ることができる microUSB ポートもあります

ct-2/with-pc

使い方

https://www.avhzy.com/forum/ からマニュアル PDF や CT-2 のファームウェア&Windows 用ソフトウェアがダウンロードできます。登録など不要なのが素敵です。
ここでは Getting Start 的な紹介をします。

ともかく CT-2 本体で計測したい

USB Type-A に挿すだけです。それだけで画面表示してくれます。

PC で計測したい

  • AVHzY CT-2 Download Manuals Firmware PC software V1.79.1(18.5.21) の中にある AVHZY CT-2 App V1.79.1 Build 180521.zip をダウンロードします
  • ZIP を展開した先の KotomiApp.exe を実行します
    • ※SmartScreen ダイアログが出てきた場合は "詳細情報" をクリックした後に実行してください (自己責任でお願いします)
  • AVHzY CT-2 ソフトウェアの [ドライバ] -> [ドライバのインストール] で STM32 Virtual COM Port driver をインストールします

これで接続すれば計測データを PC で見ることができます。CSV での出力も可能です。
ちなみに電流が小さめのデバイスを計測する場合は「開始電流」「終了電流」を 1mA 程度にしておかなと計測してくれません。

ct-2/software

ファームウェアをアップデートしたい

  • あらかじめ PC で計測したい を参考に、 AVHzY CT-2 ソフトウェア のセットアップを済ませておいてください
  • CT-2 を PC から抜いておいてください
  • AVHzY CT-2 ソフトウェアの [高度なオプション] -> [ファームウェア更新] を選択して CT-2 の接続待ちにします
  • CT-2 の Multi-Key を左に押したまま CT-2 の microUSB と PC を接続するとアップデートが自動的に始まり、リセットまで行ってくれます
    • 注意1: CT-2 の USB-A を挿しても何も起こりませんのでご注意を。
    • 注意2: Mbed が入っているらしく、左を押したまま接続すると USB ディスクとして見えます。この状態で fw ディレクトリの fw.KotomiPremium を USB ディスクへコピーすれば動くよ、と forum には書いてあるのですが、私はうまく行きませんでした。 invalid firmware とか表示されても大丈夫です。慌てず AVHzY CT-2 ソフトウェアからアップデートしましょう

アクリルカバーの取り付け方

アクリルカバーがついています。が、これは自分でネジを取り外したうえで取り付けるという仕組みです。
頑張りましょう。

ct-2/cover

付属の謎 USB デバイス

ファンがついた謎の USB デバイスが同梱されています。
これは USB 機器に電流的負荷をかける罪づくりなデバイスです。

CT-2 に接続してつまみを調節するとで負荷量が調節できます。(以下、動画)

その後は、たとえば CT-2 と共にモバイルバッテリーに取り付けて、実際の容量を確認するといったことに使えます。

ちなみに:いままで買った USB 型電圧/電流計

あとがき

非常に良かった。最初からこれ買っておけばよかった。。。

EoT


  1. 精度はどの程度か正直分かりませんが、mAの1桁台まで出てくれるのはうれしい