Cocoa
Swift
bukuroswift
cocoastudy

[Swift]SwiftのOptionalを理解する


  • Lispでは、無を表すものとしてnilを用意。

  • C言語では、空ポインタとしてNULLマクロを定義。

  • Objective-Cでは、空idとしてnilが用意され、画期的なのはnilにメッセージを送信しても無視されるだけでエラーにならない!

  • SwiftのnilはObjective-Cとの互換。Cocoaフレームワークを利用するためか。

var a : Int = 1

var b : Int? = 2
a = nil // エラー
b = nil // OK
b = Int(“abcd”) // nil
var c : Optional = 3 // パラメータ付き型指定

開示(unwrap)

var a : Int? = 1234

var b : Int = a - 2 // 型が異なるのでコンパイル・エラー
var b : Int = a! - 2 // 開示指定する
a = nil
b = a! - 2 // 実行時エラー

a = 5678
if a != nil {
print(“\(a!)”) // 開示指定が必要
}
print(String(describing: a)) // Debug目的で

オプショナル束縛構文 optional binding

var num : Int? = 1234

if let n = num {
print(“\(n)”)
}

if var n = Int(“1234”) {
n += 5678
print(“\(n)”)
}

if let n = Int(“1234”), let m = Int(“5678”) {
print(“\(n + m)”)
}

var a : Int? = 1
while let n = a {
a = nil
}

guard文

guard 条件 else { /* breakやreturn */ }


func demo(_ num:Int?) {
guard let n = num else { return }
print(“\(n)”) // 変数nが使える
}

nil合体演算子

let n : Int? = 1234


let m = (n != nil) ? n! : 0
let m = n ?? 0

let a : Int? = nil
let b : Int? = nil
let c : Int? = 3
let = a ?? b ?? c ?? 0 // cの値

func demo(_ p: inout Int?) {

p = nil
}
var n: Int? = 1234
demo(&n)
print(n ?? “nil”)

func test(_ num: inout Int) {
num = 0
}
n = 5678
test(&n!) // nがnilだと実行時エラー
print(n ?? “nil”)

有値オプショナル型 (IUO)

let n : Int! = 1234

print(“\(n)”) // 開示指定は不要

var m : Int! = nil
m += 5678 // 実行時エラー
print(“\(m)”)

失敗のあるイニシャライザ

struct Demo {

var a = 0
init?(_ n:Int) {
if n < 0 {
return nil
}
a = n
}
init() {
a = 1234
}
}
var p: Demo = Demo()
var q: Demo? = Demo(5678)

キャスト演算子


  • 式 is T

    型/プロトコルTなら真

  • 式 as T

    型/プロトコルTにキャスト

  • 式 as? T
    型/プロトコルTのオプショナルにキャスト
    失敗した場合はnil

  • 式 as! T
    型/プロトコルTにキャスト
    失敗した場合は実行時エラー

オプショナルチェーン optional chaining

// 辿っている途中でnilがあれば、

// そこで止まり全体でnilとなる。
if let name = who?.club?.teacher?.name {
print(name)
}

【関連情報】

BUKURO.swift 2018-07


Cocoa.swift


Cocoa勉強会 関東


Cocoa練習帳


Qiita