Python
pyenv
Pycharm

PyCharmでpyenvとvirtualenvで構築したライブラリにパスを通す方法

More than 3 years have passed since last update.


要点

PyCharmにpyenvで導入したインタープリターへのパスを通す。


環境

OS X -> 10.10.1 (Yosemite)

pyenv -> 20141012

pyenv-vertualenv -> 20141012


初めに

プロダクト毎にそれぞれ異なるライブラリ、Pythonのバージョンを用意したい。

そのような場合、pyenvとvirtualenvを用いて行うのが良さそうな風潮。

(ただし、pyenvとvirtualenvではmavenやsbt, bundlerのようなプロダクト毎の管理と比べ若干スコープが異なる気がしますが...)

pyenv, virtualenvを用いて環境構築した場合、IDEであるPyCharmに設定を変更してあげないとデフォルトのPythonを読み込むため、仮想環境に構築したライブラリの依存関係を解消できない。どのようにすれば、依存するライブラリのパスを参照できるようになるか、脳筋っぽくやったので忘れないようにメモ。


方法


手順


  1. PyCharmを開く

  2. Preferences > Project:your_projcet_name > Project Interpreter

  3. /usr/bin/python -> /usr/local/var/lib/pyenv/versions/your_virtual_env_name


補足

個人環境や仮想環境名によって一部異なります

スクリーンショット 2014-12-27 23.48.24.png