Help us understand the problem. What is going on with this article?

lambdaを勉強した①

今更ながらlambdaについて勉強しました。
今回は概要についてです。

lambdaとは

  • サーバーの管理を気にすることなくコードを実行できるサービス
  • ほかのAWSのサービスをトリガーにコードを実行できる
  • APIのように使うことができる
  • 課金されるのはコードを実行した時間と、回数によって課金(月に100万リクエストまで無料)
  • デフォルトで使える言語はJava、Node.js、C#、Python、Go、PowerShell、Ruby
  • Javaは実行時にコンパイルが行われる関係で速度が遅い
  • lambda layerを利用することでほかの言語も使用可能

下記はlambdaのイメージ
API GateWay
lambda(api).png

S3
lambda(s3).png

lambda functionとは

  • 実際に実行されるコード
  • それぞれが隔離されたコンテナ内で実行される
  • lambdaの実行環境はAmazonLinux

lambda functionのコールドスタートとウォームスタート

コールドスタート

ライフサイクルの1~6までをすべて実行するのがコールドスタート

ウォームスタート

作成したコンテナを再利用して1~6の処理を省略することで効率化

lambda functionのライフサイクル

  1. ENIの作成(VPC利用時のみ)※
  2. コンテナの作成
  3. デプロイパッケージのロード
  4. デプロイパッケージの実行
  5. ランタイムの起動・初期化
  6. 関数/メソッドの実行
  7. コンテナの破棄

※ENI・・・VPCで利用できる仮想NIC

lambda layerとは

  • 複数のlambda functionで共通する処理や、使用するライブラリを一つにまとめたもの
  • ひとつのlambda functionに使用できるレイヤーは最大5つまで、ただし、容量制限もある(公式サイト)

下記はイメージ
lambdalayer.png

今回、lambdaについて概要をまとめてみました。

次回は実際にlambda functionを実際に使ってみたいと思います。

参考
https://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/20190402-aws-black-belt-online-seminar-lets-dive-deep-into-aws-lambda-part1-part2/

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away