Help us understand the problem. What is going on with this article?

コーヒー店のWebサイト開発-午後

平成31年春期 午後問題8

ファイル:2019h31h_ap_pm_qs.pdf

1、本文のaに入れる適切な字句を答えよ。
参照答えは、「レスポンシブWebデザイン」(responsive-web-design)です。
定義だから、知る、知らないだけですね。

私は、自適応 と答えてしまいました。。。

<<案実現の検討>>
image.png

・「レスポンシブWebデザイン」とは、PC、タブレット、スマートフォンなど、異なる画面サイズの幅を基準にWebサイト表示を柔軟に調整し、見やすく最適な表示にすることを指します。

2、bに適切な字句を入れて答えよ。
bは、簡単ですね。HTMLです。「html」も正しいと思います。

<<表1 両案の特徴>>
image.png

3、c,dに入れる適切な字句を解答群から選ぶ。
c,dはブラウザの何らかの情報ですね。その情報により、案2で異なるHTMLを作ること。
では、c,dはブラウザの「種類」と「バージョン」情報ですね。

image.png

4、本文中の下線①について、開発コストが大きくなる理由を35字以内で述べよ。
開発コストは、初期開発と将来のデザイン変更両方ですね。
・初期開発は、デバイスごとに最適化した複数HTMLファイルを準備しておく要。
・将来は、デバイスが増えると、追加するのは必要。

つまり、「デバイスごとHTMLファイルを準備しておくが必要」とのことですね。

Webブラウザの種類とバージョンがどんどん増えるので (※私の答え)

デバイスごとのHTMLファイルを開発する必要があるから

多分、私の答えとすると、減点か、得点できないかもしれませんね。
デバイスがWebブラウザだけではなくだし、未来のことだけでもないですね。
恥ずかしい。。。(笑)

<<表1 両案の特徴>>
image.png

5、e~hに入れる適切な字句を答えよ。
設問の図2には、「タブレット用のCSSを記述」ですので、eは768px、fは1,023pxですね。
gは表3により、「/images/topimage_w768.jpg」ですね。
hは、デザインイメージの作成 により、繰返し表示は行わないことので、「no-repeat」ですね。

<<図2>>
image.png

<<表3 CSSで使用する書式及びデータの一部>>
image.png

<<デザインイメージの作成>>
image.png

<<表2 K君が決定したウィンドウ幅の範囲>>
image.png

6、K君が本文中の下線②の方針とした目的を20字以内で述べよ。
表1の「表示速度」項目に、画像の理由で、表示の遅延が発生するとのことですね。
下線②の方針は、デバイスごとにサイズの異なる画像を用意して、その表示の遅延を解消しようとの目的ですね。
なので、「画像表示の遅延を発生しないようにするため」ですね。

表示の遅延が発生しないようにする(私の答え)

画像表示の遅延を防ぐため

image.png

<<表1 両案の特徴>>
image.png

結論:
Webサイト設計の質問は、難しくないですが、
注意点もいくつありますね。
例えば、
・min-widthとmax-widthの単位 px が付いていたか
・表示の遅延 だけど、何の表示ですか? 「画像表示。。。」ですね
・概念の「レスポンシブWebデザイン」は覚えていますか。私にとっては難しいかも

参照:
レスポンシブWebデザイン responsive-web-design
https://digitalidentity.co.jp/blog/creative/responsive-web-design.html
[Something went wrong]()

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした