Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
4
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@lvn-hanada

[RTX830]YAMAHAルーターでAWS-VPCに接続してVPNをはってみた

やりたいこと

タイトル通り、AWS-VPCを作成しVPN接続する
*プロバイダーさんにインターネット接続できる状態にしてもらっている前提です。

環境

OS: Windows 10
Terminal: Tera Term
Settings: AWS
Router: YAMAHA RTX830

AWS VPC設定

カスタマーゲートウェイ

AWSでカスタマーゲートウェイの作成をします。
契約したプロバイダーから教えてもらったグローバルIPアドレスを入力します。他に名前を任意で設定し、後は全てデフォルトのままにしました。
スクリーンショット 2021-05-27 17.37.48.png

仮想プライベートゲートウェイ

AWS側の仮想プライベートゲートウェイは移転前の設定があったので、それを流用しました。

サイト間のVPN接続

名前タグ・・・任意の名前をつけます。
仮想プライベートゲートウェイ,カスタマーゲートウェイID・・・VPNでつなげたいゲートウェイを入力します。
入力の際、IDや名前タグで検索すればタイポが無くなります。
スクリーンショット 2021-05-28 17.22.05.png

他にも入力欄はありましたが今回は全てデフォルトにしました。

VPN設定のダウンロード

VPN接続の作成が完了したら画面上にある作成したVPN接続設定をダウンロードします。
スクリーンショット 2021-05-28 17.31.16.png

RTX830設定

ダウンロードしたVPN設定のファイルを開き、tunnel毎にipsec ike local addressをプライベートIPアドレスに書き換えます。

tunnel select 1
 tunnel name hoge
 ipsec tunnel 1
  ipsec sa policy 1 1 esp aes-cbc sha-hmac
  ipsec ike keepalive log 1 off
  ipsec ike keepalive use 1 on heartbeat 10 6
  ipsec ike local address 1 XXX.XXX.XXX.XXX
  ipsec ike pre-shared-key 1 text hoge
  ipsec ike remote address 1 XXX.XXX.XXX.XXX
 ip tunnel tcp mss limit auto
 tunnel enable 1

書き換えたらコマンド形式になっているので、全てコピーします。*余計な部分は省略しています。

今回はきしめんでPCとルーターを接続します。
Tera Termを開くと、シリアルを選択できるので選択し、OKを押します。

ユーザー→アドミンの順でログインして先ほどコピーした内容を貼り付けて実行します。
実行後、show configコマンドで内容が反映されていることを確認します。
内容に問題なければ、saveコマンドを実行します。これで設定は終了です。

きしめんとは

USB-RJ45変換用のケーブルです。はじめて見ました。きしめんとも呼ばれているみたいです。
71w8u+Y6YZL._AC_SX425_.jpg

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
4
Help us understand the problem. What is going on with this article?