Posted at

Raspberry piでRFID(パソリ)を使用する際のハード選定について

More than 3 years have passed since last update.


はじめに

Raspberry piでRFID(パソリ)を使用したい時に、どれを使うかで調べた結果を整理しておきます。


パソリの種類

2016/3/27現在でAmazonで手に入るパソリは以下でした。

※S360は楽天Edyリーダーとして売られているようです。

名称
新品
中古

RC-S320

約1100円

RC-S330
約8500円
約2500円

RC-S360

約1500円

RC-S370
約6000円
約1900円

RC-S380
約2600円
約3200円

RC-S390
約4400円

これらの違いですが、S330・S380・S390の違いについては、以下で確認できます。

細かいことはよくわかりませんが、


  • 現行は、S380とS390

  • S330以降はe-Taxにつかえる

  • S390はiOSに対応しBluetoothで通信

  • S360はクリップタイプで業務用、楽天Edyリーダーとして売られているっぽい

ということでしょうか。

で、Raspberry piで使うとなると、便利なのはPythonのライブラリであるnfcpyを使用する方法かと思います。

この場合、サポート対象なのは、S330,S360,S370,S380になります。

新品で買うならS380が良い感じです。

できるだけ安くというのであれば、楽天Edyリーダーを買うのがベストかもしれませんが、楽天EdyリーダーがS360とは明記されてないので自己責任でお試しください。

中古でもできるだけお安くとなるとRC-S320となります。この場合、libpafeを使う方法があるようです。

以上