Help us understand the problem. What is going on with this article?

Stripe Checkoutを使って出来ること

Stripeでは、以下 3種類の支払い方法が提供されています。

  • Stripe Checkout
  • Charges API
  • Payment Intents API

ここではStripe Checkoutで出来ることをまとめています。

Stripe Checkout の動作

Stripeのサーバに画面遷移して決済を完了する。その後、自社ページにリダイレクトされます。
Webサービスが前提です。
自社サイトやiOS/Androidアプリに決済処理を組み込みたい場合は、Charges APIまたはPayment Intents APIを使いましょう。

Stripe Checkout で、できること / できないこと

  • One-time payments with Checkout client-only integration に書かれている通り、サーバ実装無しで実現する事も可能。
  • One-time payments with CheckoutCollecting payment details with Checkout に書かれている通り、サーバ実装を伴う事も可能。
  • キャンセルやノーショーフィー(no-show fees)を請求するためにカード情報を再利用することは可能だが、次回以降の購入のためにカード情報を保存することは不可能(参照先)。
  • 「認証(オーソリ)」と「キャプチャ」を分けることは可能(参照先)。
    • オーソリ(Authorization)
      • カード決済が行えるかどうかの利用枠の確認と、購入しようとしている額が問題なく決済されるように、利用枠を押さえること。
    • キャプチャ(Capture)
      • 実際の請求(お金が銀行から売り手の口座に移動する)。

オンラインカード決済の流れ

参照先

以降は、ほぼ以下のページの要約(翻訳)です。

Stripe Checkout (左記ページ及び、メニュー(画面左)内の一連のページ)
Send customers to Stripe.com to make a payment

使える決済方法

支払い方法

  • 1回の支払い
  • 定期支払い(サブスクリプション)

認証方法

  • Dynamic 3D Secure
  • Strong Customer Authentication(準備中)

多言語化

  • 日本語
  • 英語
  • 他、全14言語(※全言語一覧はこちら

領収証

自動でemailを送信。

実装前の動作(イメージ)確認

以下のPreview Checkoutをクリックして、カード番号として4242 4242 4242 4242(テスト用)を入力。
https://stripe.com/docs/payments/checkout#try-now

その他

Stripe Elements

Checkoutを使わず、独自にWeb版のUIを作成する場合はStripe Elementsを使う。
Reactの場合は、react-stripe-elementsが使える。

各種サンプルコード

https://github.com/stripe-samples

luigiii
フリーランスで、開発(Go, Rails, Node (NestJS), React/TypeScript)やプロジェクトマネージメントやプロダクトマネージメント業務を行っています。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした