Breakpointはデバッグするときに、特定の箇所の状況を確認するために自分でプログラムを中断させる仕組みです、プログラムがそこで止まることによってその瞬間のメモリレイアウトだとか変数だとかの状況…
排他処理なら、DispatchSemaphore の利用もとても手軽でオススメです;また、このテストケースに書いてあるようなバックグラウンドの 2 非同期スレッドが終わるまで待つということも Dis…
この2つの大きく異なるポイントは構造体は値渡し、クラスは参照渡しである点です。 細かい指摘になってしまいますが、正確には構造体は「値」、クラスは「参照」です。 ○○渡しと○○型の区別ですが、○…